再生数13億回のママYouTuber「芸能人のYouTube参入で困るのは?」 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

再生数13億回のママYouTuber「芸能人のYouTube参入で困るのは?」

連載「ママYouTuberなーちゃんの三足わらじ生活」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
長男のこうちゃん(右)となーちゃん

長男のこうちゃん(右)となーちゃん

 芸能人のYouTube参入が当たり前になり、テレビで人気の方々や有名な方々も多くチャンネルを開設しています。

【写真】世界を狙うYouTuber江頭2:50

 お笑い芸人だと、オリエンタルラジオの中田さんやカジサックこと梶原さん、最近では宮迫さんや江頭2:50さん、直近では渡辺直美さんがYouTubeにチャンネルを開設しました。ベテランの方々も含めて、コントやトークを中心としたコンテンツを発信しています。

 嵐、Snowman、草なぎ剛さん、香取慎吾さん、赤西仁さんと錦戸亮さんなど、ビッグネームの方々も含めて個人やグループでチャンネルを開設し、人気を博しています。元モーニング娘。の辻希美さんのチャンネルも人気ですし、最近では後藤真希さんがチャンネルを開設しました。女優や俳優では、本田翼さん、川口春奈さん、ローラさんなど著名人の方々も増え、佐藤健さんはチャンネル開設1カ月で登録者数は180万人を突破しています。

 朝倉未来さんやダルビッシュ有さん、本田圭佑さんや前田健太さんなど、世界的に有名なスポーツ選手の方々も、YouTubeで発信しています。

 以前は、YouTubeに進出することは、テレビからネットへの「都落ち」というイメージをもたれることもありましたが、現在では、YouTubeは芸能人の新たな発信の場として市民権を得ていると思います。

「芸能人がYouTubeに参入する」状況について、YouTuberとしてどう思うか、2年ほど前から尋ねられる機会が多くなりました。実力のあるYouTuberは危機感を抱かないと回答します。テレビとYouTubeは全く異なるメディアであり、芸能界で成功するこつとYouTubeで成功するこつは、重視するポイントが異なるからです。

 事実、ネームバリューが抜群の芸能人の方々のチャンネルでも、再生回数や登録者数がふるわないチャンネルも多くあります。テレビでの知名度が、YouTubeでの人気に直結するわけではないからです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい