1日の半分は話し相手がいない… コロナ自粛を苦しくしている「受動的生活」の罠 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

1日の半分は話し相手がいない… コロナ自粛を苦しくしている「受動的生活」の罠

連載「男と女の処世術」

このエントリーをはてなブックマークに追加
※写真はイメージです(写真/Getty Images)

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

 緊急事態宣言が5月末まで延長されることが決定した。外出自粛が続く中、ストレスをどう解消していくのか。カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載、今回は「受動的な生活の落とし穴」について解説する。

*  *  *
 新型コロナウイルスをめぐる状況は刻々と変わっていますが、皆さんのストレスは高原状態が続いていると思います。前回のコラムでも書きましたが、人が普通に我慢できるのは1週間です。日本では小出しに少しずつ警戒度を上げられてきたので、その時々で我慢している(努力している)にもかかわらず、なかなか状況が改善せず(努力の結果が出ず)、我慢すべき(努力すべき)ハードルが上がっていくという、心理的に非常に厳しい状況に置かれています。

 政府や自治体や専門家など、それぞれの立場の人たちは最大限頑張っていると思いますので、誰が悪いということではありませんが、先が見通せない中で、不安をあおるようなニュースばかり目にするのは心理的にきついことです。

 さらに、今のところ治療薬が開発されていないわけですから、感染しないためにも(残念ながら感染してしまった場合も)、自らの免疫力で対応するしかありません。その免疫力を高めるためには、よく眠り、運動をし、バランスの取れた食事をとり、ストレスをためないこと、などが勧められています。ストレスをためないためには、ざっくり言って「生きていることを楽しむ」というのが一番なのです。

 しかし、新型コロナウイルスのような感染症の厄介なところは、「人生を楽しむと命を危険にさらしてしまう」ということです。当初パンデミックが生じた、イタリアやスペインの人たちは、大勢で会食して会話し、歌い、ハグし……と人生を楽しむのが大得意な国民性ですが、それも災いしたのかもしれません。ストレス対処や免疫力の向上には楽しむことが大事なのに、一方で、楽しむことは感染を引き起こすという、この矛盾をどう解決するのか知恵が必要です。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい