「ケガがなければ…」日本代表の歴史を変えられた“未完の逸材”たち

2020/04/20 17:00


 サッカー日本代表が初めてワールドカップに出場した1998年のフランス大会から20年以上の時が経った。中田英寿、本田圭佑など、長きにわたって代表チームの中心選手として存在感を放ったプレイヤーがいる一方、ケガの影響で代表に定着できない選手もいた。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す