「プロレスラーは本当に強い!」幻想を現実に変えた伝説の総合格闘家たち (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「プロレスラーは本当に強い!」幻想を現実に変えた伝説の総合格闘家たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.sportsdot.
「プロレスラー強し」を印象付けた格闘家桜庭和志 (c)朝日新聞社

「プロレスラー強し」を印象付けた格闘家桜庭和志 (c)朝日新聞社

 日本格闘技界の歴史的一戦である、2000年5月1日に行われた「PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦」での桜庭和志vsホイス・グレイシー戦から20年の時がたった。

 まるで喧嘩のような何でもありの総合格闘技ルールでは、何となく「日本人は弱いのでは?」という思い込みがあった人が多かったと思うが、この一戦を含めその考えを見事に覆してくれたのが桜庭だった。この一戦から総合格闘技に興味を持つ人が一気に増えたが、黎明期の総合格闘技界はヒクソン・グレイシーとの激闘を繰り広げた高田延彦らプロレスラーがけん引したのは間違いない。

 そこで今回はプロレスラーから総合格闘家に転身し、「プロレス強し」をアピールしたファイターたちを振り返りたいと思う。

 まず、最初に挙がるのが前述した桜庭だ。総合デビューから主にPRIDEのリングで戦い、無効試合や時間切れの引き分けを挟みながら、9連勝を記録。その中の勝ちには当時MMA界で最強勢力でもあった“グレイシー一族”のホイラーとホイスも含まれる。その他にも、ともに後のUFC王者となるビクトー・ベウフォートとカーロス・ニュートンも倒しており、このことからも桜庭が当時のMMA戦線でトップクラスの実力を誇っていたが分かるだろう。

 97年の12月に行われた「UFC JAPAN」のヘビー級トーナメントで王者となった際には「プロレスラーは本当は強いんです」という名言も残し、“プロレス最強論”を信じるファンを熱狂させた。

 その後も、総合格闘技ブームの中心選手として、最大のライバルでもあったヴァンダレイ・シウバ、ミルコ・クロコップ、ケビン・ランデルマンら世界トップクラスのファイターたちと次々に対戦。シウバとの戦いでは3戦して3敗と1度も勝利を飾ることができなかったが、未来のUFC王者となるクイントン・"ランペイジ"・ジャクソンを破るなど、世界の強豪と対等にやりあっていた姿が今も記憶に残る。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい