久保、南野…「日本人はメガクラブで活躍できない」を脱する日は近い? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

久保、南野…「日本人はメガクラブで活躍できない」を脱する日は近い?

このエントリーをはてなブックマークに追加
三上凌平dot.
ザルツブルク時代の活躍がクロップ監督の目に留まり強豪リヴァプールへの移籍を果たした南野拓実 (c)朝日新聞社

ザルツブルク時代の活躍がクロップ監督の目に留まり強豪リヴァプールへの移籍を果たした南野拓実 (c)朝日新聞社

 近年、日本人選手の海外挑戦が相次いでいる。昨夏にはレアル・マドリーへ加入した久保建英(現在はマジョルカへレンタル移籍中)をはじめ、多くの若きサムライが海を渡った。

【写真】本田圭佑選手似?の猫はこちら

 移籍市場での選手価値が急激に高騰する昨今において、比較的安価で獲得できることも大きな要因の1つだ。中小クラブは安い金額で若手を獲得し、育て上げて高額で売却するというスキームを確立。世界中で優秀な人材の発掘に精を出しているが、日本はその条件にぴったりと当てはまる。だが、それだけが理由ではない。

 南野拓実を例にとってみよう。2015年、当時19歳でザルツブルクへ移籍。欧州でのキャリアをスタートさせたが、その当時クラブのSD(スポーツ・ディレクター)を務め、獲得を主導したラルフ・ラングニック氏は以下のように語っている。

「ボール扱いが見事で、テクニックがあり、素晴らしいメンタリティを持っている。そして多くの日本人選手と同じように、ボールを奪い返すためにチームへ喜んで貢献する」

 高い技術、ハードワークを厭わず、規律や指揮官の指示を忠実に守り、チームへの献身を最優先にする……。指導した監督たちはほぼ間違いなく口にする。

「指示を忠実に守る」日本人の国民性をそのまま表したような言葉だが、これこそ海外で評価される理由だ。ますます戦術的な戦いが求められる現代で、監督の指示を忠実に実行し、チームのために走り回れる選手は欠かせない。欧州や南米出身選手がやや独断でプレーする傾向があるのに対し、指示に忠実な日本人選手の需要は少なからずある。

 こうした長所をもって、 香川真司はドルトムントで2連覇を達成。岡崎慎司は歴史的なプレミアリーグ制覇を成し遂げた“ミラクル・レスター”の一員となり、過去を振り返れば中田英寿(ローマ)など、主要リーグでタイトルを掲げた選手も多い。

 だが、いわゆる「メガクラブ」となると話は変わる。ドルトムントでの成功を経てマンチェスター・ユナイテッドへと加わった香川は、不完全燃焼のまま2シーズンで退団。大きな期待を受けて1月にリヴァプールへ加わった南野も、貢献できていると言い難い(判断するのは時期尚早だが)。バルセロナとレアル・マドリーのリーガ二大巨頭で公式戦に出場した選手も未だいない。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい