天龍源一郎が語る”生涯現役”ベンチプレス200キロ上げたのは50歳過ぎてからだよ! (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

天龍源一郎が語る”生涯現役”ベンチプレス200キロ上げたのは50歳過ぎてからだよ!

連載「70歳からのはっけよい!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
天龍源一郎dot.#プロレス#天龍源一郎#相撲
天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ。「ミスター・プロレス」の異名をとる。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋入門後、天龍の四股名で16場所在位。76年10月にプロレスに転向、全日本プロレスに入団。90年に新団体SWSに移籍、92年にはWARを旗揚げ。2010年に「天龍プロジェクト」を発足。2015年11月15日、両国国技館での引退試合をもってマット生活に幕を下ろす(撮影/写真部・掛祥葉子)

天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ。「ミスター・プロレス」の異名をとる。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋入門後、天龍の四股名で16場所在位。76年10月にプロレスに転向、全日本プロレスに入団。90年に新団体SWSに移籍、92年にはWARを旗揚げ。2010年に「天龍プロジェクト」を発足。2015年11月15日、両国国技館での引退試合をもってマット生活に幕を下ろす(撮影/写真部・掛祥葉子)

コンビニは50歳過ぎるまで行ったことない。コンビニなんてレスラーが入っていったらみっともないって思っていた(笑)。ファミレスも行ったことがなかった。50過ぎて初めて家族と行ったときに「お、美味いじゃねーか!」って思ったよ(笑)。(撮影/写真部・掛祥葉子)

コンビニは50歳過ぎるまで行ったことない。コンビニなんてレスラーが入っていったらみっともないって思っていた(笑)。ファミレスも行ったことがなかった。50過ぎて初めて家族と行ったときに「お、美味いじゃねーか!」って思ったよ(笑)。(撮影/写真部・掛祥葉子)

 50年に及ぶ格闘人生を終え、ようやく手にした「何もしない毎日」に喜んでいたのも束の間、突然患った大病を乗り越えて、カムバックを果たした天龍源一郎さん。2月2日に迎えた70歳という節目の年に、いま天龍さんが伝えたいこととは? 今回は「生涯現役」をテーマに、飄々と明るく、つれづれに語ります。

【天龍さん、50歳になるまで行ったことなかった場所って?】

*  *  *
 生涯現役なんていう言葉があるけど俺はずっと現役でプロレスをやれるもんだって気概や自惚れがあった。それがある時、自分で自分の事が嫌になったんだ。モタモタしている俺とか、「こんなの天龍源一郎じゃない!」って。それで、プロレスを辞めようってところに自然と行き着いたんだと思う。

 手を変え品を変え、キャリアどうのこうのじゃなくて、「天龍源一郎として、俺、頑張れていた?」ということをものすごい気にしだしていたね。そうなったら意外と考えは短絡的で、こんなにモタモタしている俺なら「すっぱりと辞めよう!」って。

 以前だったら、試合が終わった後「なんか源ちゃん、今日元気なかったね」とか、後援者や仲間の人たちとの飲み会の席で言われても、「何言ってんだよ!俺はいつもの天龍だよ!」と突っ張る俺がいたのに。逆に俺のほうから「今日、どうだった?」って聞いていたし、それと同時に「今日は全く冴えなかったな」と感じている俺もいて、「もう、退こう」と思った。

 思い立ったら決断は早いんだよね。話があるからって女房と娘に声をかけて「もう辞めようと思う……」と打ち明けた。それまでは、どんなになっても頑張ろうって思う俺がいたのに糸が切れたっていうか、これ以上頑張り切れないよっていう俺になったのが正直なところだよ(笑)。

 相撲界を離れるときも、思い立ったら決断は早かったな。でも、相撲のときの方がまさか辞める日が来るなんてと思ったね。

 当時、輪島さんとか若貴兄弟のお父さんの貴ノ花とか、増位山とか、俺より後輩のやつらが皆、横綱とか大関になっていくんだけど、「負けるもんか!」って思って頑張っていた。自分を通り越して下の奴らがスイスイ出世していっても、俺は俺の歩幅で歩んでいけばいいと思っていた。だから、辞めるとかそんなことは何にも考えなかった。

 やれるところまでやろう、ただひたすら頑張ろうと思っていたな。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい