間違って来日しちゃった助っ人とも契約… “超ゆるゆる”だった昔のプロ野球 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

間違って来日しちゃった助っ人とも契約… “超ゆるゆる”だった昔のプロ野球

このエントリーをはてなブックマークに追加
久保田龍雄dot.
毎年、“面白い話題”を提供してくれるのも助っ人の魅力。写真は阪急時代のブーマー (c)朝日新聞社

毎年、“面白い話題”を提供してくれるのも助っ人の魅力。写真は阪急時代のブーマー (c)朝日新聞社

 現役バリバリのメジャーリーガーを入団させたはずなのに、キャンプ地に現れたのは、まったくの別人……。こんな前代未聞の取り違え事件が起きたのが、1968年の東京オリオンズ(現ロッテ)だ。

【写真】イチローが「本当の天才」と言った男とは?

 ハワイのマウイ島でキャンプ中の東京は、強力助っ人2人の獲得に成功した。一人は身長2メートル超の長距離砲・アルトマン。もう一人は、右投げ右打ちの三塁手で、現役メジャーリーガーのヘクター・ロペス(ヤンキース)という話だった。

 ところが、いざキャンプに合流して、キャッチボールを始めたロペスは、なんと、左手でボールを握っているではないか。慌てて確認すると、この左利きの男は、ヘクター・ロペスではなく、同姓のアルト・ロペスだと判明。65年に“本物”と同じヤンキースで38試合に出場したことなどから間違えられてしまったようだが、アルト自身も“ロペス違い”を承知のうえで、知らん顔して契約書にサインしていた。

 現役メジャーリーガーと、前年は故郷・プエルトリコで百貨店の売り子をしていたセミリタイアのマイナー選手とでは月とスッポンだが、東京は「ダメだったら、アメリカに返せばいい」と割り切り、ヤンキースにたった1000ドル(当時のレートで36万円)の移籍金を支払って、そのまま入団させた。入団交渉での人違いといい、別人とわかっても入団させた鷹揚さといい、半世紀前のプロ野球界は大らかだった。

 ところが、この“ニセロペス”は、超ド級の掘り出し物だった。1年目に26試合連続安打を記録し、オールスターでも史上初の初回先頭打者初球本塁打の快挙を達成するなど、打率2割8分9厘、23本塁打、74打点の好成績。ヤクルト移籍後も含めて通算打率2割9分、116本塁打と6年にわたって活躍し、底抜けの明るい性格から、“下町(東京球場)の太陽”とファンに親しまれた。相撲界でも、四十三代横綱・吉葉山が人違いで入門させられたエピソードで知られるが、こんな運命を大きく切り開く人違いがあるから、世の中面白い!


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい