新型コロナでも… なぜ「フェイク・ニュース」は生まれるのか? 哲学的思考実験で考えてみた

新型コロナウイルス

2020/02/17 17:00

 中国・武漢市で発生した「新型肺炎」が世界的な広がりをみせ、あまりにもさまざまな情報が飛び交うなか、果たしてどれが正しい情報なのか、不安になることはないだろうか? 『世界を知るための哲学的思考実験』(朝日新聞出版)の著者で哲学者の岡本裕一朗氏が、「哲学」を使った思考実験を通して、フェイク・ニュースとは何なのかを考えた。

あわせて読みたい

  • 12月号玉川大学文学部名誉教授 岡本裕一朗Okamoto Yuichiro思考実験は何のために?

    12月号玉川大学文学部名誉教授 岡本裕一朗Okamoto Yuichiro思考実験は何のために?

    12/2

    数字に強い人は、電卓の「C」ボタンを押さない

    数字に強い人は、電卓の「C」ボタンを押さない

    ダイヤモンド・オンライン

    3/7

  • 5人の命か? 1人の命か? 哲学的思考で見えてくる「自動運転車」の本当のリスク

    5人の命か? 1人の命か? 哲学的思考で見えてくる「自動運転車」の本当のリスク

    dot.

    1/15

    雨のパレード、AL『BORDERLESS』をボーダレスにリミックスするプロジェクト「BRB」始動

    雨のパレード、AL『BORDERLESS』をボーダレスにリミックスするプロジェクト「BRB」始動

    Billboard JAPAN

    11/11

  • 『罪の声』発刊から2年 作者が新たに描く報道の「誤報と真実」

    『罪の声』発刊から2年 作者が新たに描く報道の「誤報と真実」

    AERA

    9/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す