「妻の性格が歪んだのは親のせい」と訴える30代夫 妻の笑顔が減った本当の理由 (1/5) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「妻の性格が歪んだのは親のせい」と訴える30代夫 妻の笑顔が減った本当の理由

連載「男と女の処世術」

このエントリーをはてなブックマークに追加
西澤寿樹dot.#夫婦#男と女#結婚
※写真はイメージです (Getty Images)

※写真はイメージです (Getty Images)

 パートナーに求める理想と、問題が起きたときの対処法が矛盾しているケースがあるという。カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載、今回は「カウンセラーのテクニック」について解説する。

*  *  *
 少し前に、アメリカの大手映像配信サービス「Netflix」が再生速度を調整する機能を試験的に導入しているというニュースを見ました。そもそもYouTubeなどでは、すでに速度調整が可能で、私も最近、2倍速で世界史の動画を見て勉強していたわけですが、エンターテインメント業界ではクリエーターから批判の声が上がっているというのです。

 これには考えさせられました。例えば、除夜の鐘は1秒に3回連打すれば約40秒で全部聞くことができますが、それでは本来の意味が失われるのかもしれません。

 お気に入りの歌手やアイドルのライブも倍速にするでしょうか。2時間分のライブをパブリックビューイングでは倍速の1時間で提供しますと言っても、喜ぶ人はいないのではないかと思います。ライブは「時間を共にしている」体験こそが重要です。

 エンタメコンテンツの中でも、加速して見られやすいのは、おそらくドラマや映画です。好きな映画を見直すような場合以外は、ユーザーはクリエーターが望んでいる「時間を共にする体験」ではなく、話の筋という「情報」を「学習」するものとして扱っていると思われます。

 つまりコンテンツは(1)時間の共有と、(2)情報の学習に大きく分類できるでしょう。

 これは夫婦という「コンテンツ」にも当てはまるのです。

 10年ぐらい前は、結婚相手に求めるものを聞くと

「自分が知らなかった知識を教えてもらえる」
「自分がステップアップするためのアドバイスがもらえる」

など、(2)情報の学習に近いことを答える方が多くいらっしゃいました。

 最近は「一緒にいるとホッとする」「一緒にいて楽」という方が多いような気がします。つまり「倍速」とは無関係で、(1)時間を共にすることを大事にしているように聞こえます。しかし、そういうご夫婦でも、問題解決は倍速でと希望されることがあります。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい