天龍源一郎が語る“ギフト”「クリスマスは一人で過ごすな」その真意とは? 輪島、北尾との思い出も振り返る… (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

天龍源一郎が語る“ギフト”「クリスマスは一人で過ごすな」その真意とは? 輪島、北尾との思い出も振り返る…

連載「70歳からのはっけよい!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ。「ミスター・プロレス」の異名をとる。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋入門後、天龍の四股名で16場所在位。76年10月にプロレスに転向、全日本プロレスに入団。90年に新団体SWSに移籍、92年にはWARを旗揚げ。2010年に「天龍プロジェクト」を発足。2015年11月15日、両国国技館での引退試合をもってマット生活に幕を下ろす(撮影/写真部・掛祥葉子)

天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ。「ミスター・プロレス」の異名をとる。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋入門後、天龍の四股名で16場所在位。76年10月にプロレスに転向、全日本プロレスに入団。90年に新団体SWSに移籍、92年にはWARを旗揚げ。2010年に「天龍プロジェクト」を発足。2015年11月15日、両国国技館での引退試合をもってマット生活に幕を下ろす(撮影/写真部・掛祥葉子)

「俺が引退した翌年は女房の還暦だったから、娘と一緒に選んだルビーのネックレスをプレゼントしたんだよ」(撮影/写真部・掛祥葉子)

「俺が引退した翌年は女房の還暦だったから、娘と一緒に選んだルビーのネックレスをプレゼントしたんだよ」(撮影/写真部・掛祥葉子)

 50年に及ぶ格闘人生を終え、ようやく手にした「何もしない毎日」に喜んでいたのも束の間、突然患った大病を乗り越えて、カムバックを果たした天龍源一郎さん。来年に迎える70歳という節目の年に向けて、いま天龍さんが伝えたいこととは? 今回は「ギフト」をテーマに、飄々と明るく、つれづれに語ります。

【天龍さん、奥さんへの思い出深いギフトはありますか?】

*  *  *
 今回のテーマの「ギフト」といえば、やっぱり贈り物の話になるかな。そろそろクリスマスだから、まずはその思い出から話したいところだけど……個人的には、クリスマスに楽しい思い出なんてひとつもないんだ。俺は一番脂の乗りきっている26歳から5年間ほどアメリカ修行に行っていたけれど、向こうでは、想像していたホームパーティに呼ばれるようなことが一度もなくてさ。まあ、英語も話せなかったし、周りも面倒だったとは思うよ。当然アメリカだし街の雰囲気も派手に盛り上がるけど、一人取り残されて、ぽつねんとしていた侘しい思い出がよみがえるからね。

 ただ、その昔、まだ小学生のときかな。酔っぱらった親父が珍しくクリスマスケーキを買ってきたことがあってさ。そのケーキを正月の10日ごろまで食べてたな(笑)。福井の田舎のガキにはホイップクリームが物珍しくてね。後生大事にしまっておいて、「うまいなぁ」って、ちょびちょびと舐めながらね(笑)。

 あとは、相撲時代に地元福井県の後援者から届いた贈答品も印象深いな。のしがかかっていて、サイズや厚みも、札束で数百万円くらいは入っていそうな高級感があった。女将さんから、「天龍くん、贈り物が届いたよ」って渡されたときに、「これはご祝儀かな、中身がすごそうだ」って一瞬開けるのを戸惑ったんだよ。そうしたら、女将さんがひと言、「気にしなくて大丈夫よ。ビール券だから」だって。「勝手に開けるなんて、女将さんでもそれはないだろう!」って、すごいショックでさ(笑)。まあ、当時の高額なビール券で1年分くらいは入っていたから、それでもすごいんだけどね。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい