瀬戸内寂聴さんが驚いた美智子さまの「恋バナ」 皇室に嫁がれた本当の理由 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

瀬戸内寂聴さんが驚いた美智子さまの「恋バナ」 皇室に嫁がれた本当の理由

97歳でついに「遺言」を発表した瀬戸内寂聴さん

97歳でついに「遺言」を発表した瀬戸内寂聴さん

1958年、テニスコートでの皇太子さま(当時)と美智子さま (c)朝日新聞社

1958年、テニスコートでの皇太子さま(当時)と美智子さま (c)朝日新聞社

 そして皇太子だった上皇陛下が、一般女性だった美智子さまと軽井沢でテニスをして、好きになられて電話をかけてきてくれた。それが男性に告白された初めての経験だったそうです。

「初めてだったから、ほんとに嬉しかったのよ」

 美智子さまはそんなふうにおっしゃいました。だから「結婚してくれ」といわれた時に、いっぺんに燃えあがって、喜んでお嫁に行こうと思われたそうです。

 ところが、うちじゅうが大反対。「大変な苦労をする」と、御両親もきょうだいたちもみんなが反対した。でも、初めて好きになった人だったから、どんな苦労をしてもいいと頑張って、とうとうご自分の意志をつらぬかれた。

「だから、どんな苦労があっても辛抱できたのです」

 そんなふうにおっしゃいました。

お二人は今もずうっと仲よくしていらっしゃいます。

 皇太子さまのプロポーズとあっては断るわけにはいかない。それが理由じゃないんです。美智子さまは生まれて初めて男性を好きになられたから、自分がどうしても結婚したいと思ったから皇室に嫁がれたのです。

 だから「相聞歌を寂聴さんがほめてくれたのがとても嬉しかった」と。

 美智子さまは、私がこの年まで生きてきてお会いした中で、最高の日本の女性の鑑です。

 やはり誰にとっても、ただ一人を愛することこそ、人生の一番の幸せということなのでしょう。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい