鳴りを潜めた“藤川級の直球”…大石達也にみるプロ入り後の「配置転換」の難しさ

2019/11/28 16:00

 今年、一人の投手がひっそりとユニフォームを脱いだ。西武ライオンズの右腕、大石達也だ。大石を初めて見たのは2006年夏の福岡大会の対福岡第一戦。当時から県内では評判の右腕で、この時も最速145キロをマークしている。試合は大石の所属する福岡大大濠が1対2で敗れて初戦敗退となったが、7回まではノーヒットピッチングを演じ、強い印象を残した。

あわせて読みたい

  • 小池秀郎、川口知哉、斎藤佑樹も… 期待外れの『重複指名ドラ1』列伝

    小池秀郎、川口知哉、斎藤佑樹も… 期待外れの『重複指名ドラ1』列伝

    dot.

    9/2

    ドラフトで注目浴びた「ビッグ3」や「四天王」 プロ入り後“全員成功”のケースあるか

    ドラフトで注目浴びた「ビッグ3」や「四天王」 プロ入り後“全員成功”のケースあるか

    dot.

    5/21

  • “逸材中の逸材”は誰だ? 過去10年のドラフト指名選手を番付にしてみた【投手編】

    “逸材中の逸材”は誰だ? 過去10年のドラフト指名選手を番付にしてみた【投手編】

    dot.

    6/6

    坂本勇人、山田哲人だけじゃない… “外れ1位”こそ実力者だ!

    坂本勇人、山田哲人だけじゃない… “外れ1位”こそ実力者だ!

    dot.

    3/9

  • 大阪桐蔭4人衆はどうなる ドラフトで「1チームから3人以上指名」“総崩れ”の例は

    大阪桐蔭4人衆はどうなる ドラフトで「1チームから3人以上指名」“総崩れ”の例は

    dot.

    7/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す