「病気ばかり診て、人間を見ていない医者」現役医師もがっかりした現実とは?

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

ヘルス

2019/12/06 07:00

 患者の病気を治したくて医者になったはずなのに、なぜ医者は患者を見ず、病気ばかり診てしまうのか。京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師は、以前はそんな医者の姿をとても嫌だと思っていたけれど、いまは注意しないと自分がそうなってしまうことに気がつきました。自身の体験をもとに語ります。

あわせて読みたい

  • 医療ドラマでよく見る「教授回診」って本当に必要なの? 現役医師が変革に挑む
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    医療ドラマでよく見る「教授回診」って本当に必要なの? 現役医師が変革に挑む

    dot.

    4/2

    医学部にも黒船襲来 「2023年問題」に向け“脱ガラパゴス”

    医学部にも黒船襲来 「2023年問題」に向け“脱ガラパゴス”

    AERA

    9/29

  • 患者と接する機会が少ない「病理医」が、がん治療で重要な役割を担う理由

    患者と接する機会が少ない「病理医」が、がん治療で重要な役割を担う理由

    週刊朝日

    3/8

    正しい医療情報を発信することで救える命がある……医師の使命とは

    正しい医療情報を発信することで救える命がある……医師の使命とは

    dot.

    11/3

  • 家族がストレスで潰れない! 在宅医療がうまくいく秘訣とは?

    家族がストレスで潰れない! 在宅医療がうまくいく秘訣とは?

    dot.

    1/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す