「やっぱり」不倫バレた千原せいじは“信念の人”  (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「やっぱり」不倫バレた千原せいじは“信念の人” 

連載「上方芸能ここだけの話」

このエントリーをはてなブックマークに追加
中西正男dot.
千原せいじ(撮影/中西正男)

千原せいじ(撮影/中西正男)

「やっぱり、そうなったか…」

【写真】弟・千原ジュニアはホワイト芸人?

 発売中の「週刊文春」で二人の女性との不倫報道があった「千原兄弟」の千原せいじ。6月に同じく文春で“ハヤシライス不倫”が話題になったが、その記憶も色濃く残る中での新たなスキャンダル。衝撃は大きかったが、正直、個人的には冒頭のように感じた。

 日常的に、あらゆる芸人仲間からせいじの話を聞くが、周囲の声の最大公約数的なところをまとめると、せいじは“信念の人”という言葉をよく耳にする。

「何があっても『オレはこう思う』を強く打ち出す人。だからこそ、先輩の芸人さんも『ま、せいじやから、仕方ないわな』というトーンになるくらい一目置いている部分もある。そのせいじさんの根底にあるのが『芸人の女遊びをそこまで言うか』という思い。なので、女性といる時でも徹底的に隠すこということはせず、その結果、せいじさんの私生活のことを知っている人の数は、そこそこいたと聞いています」(在阪テレビ局スタッフ)

 前回の不倫記事も、今回も、僕が調べる限り、文春が動いたきっかけはタレコミ。近いところからの裏切りというようなものではないだろうが、知っている絶対数が多くなれば、当然、その情報が記者の元まで届く確率も高くなる。

 まさに、その流れど真ん中のことが再び起こった形で、それもあって冒頭の「やっぱり」につながったわけだが、もう一つ「やっぱり」を構成するのがせいじのモテ具合だ。

■自らの哲学を持っている

 今でこそ、日本一残念な兄などとくさされる扱いも受けているが、大阪時代の「千原兄弟」と言えば、誰もが認める若手のリーダーとしてカリスマ的な人気を誇っていた。その時代から、モテ慣れているとも言えるのだが、今でもある一定の層には確実にモテる。

 前出のように自らの哲学があり、実際に話をしてみると、より一層、せいじの世界に引き込まれていく。これまで幾度となく取材をしてきたが、取材するたびに、それを強く感じる。

 9月にも、せいじが出した本に関して小一時間ほどインタビューをしたが、その際にもうなづかされっぱなしだった。今の日本社会の疑問点などをせいじの目線で語る内容の著書で、インタビューのテーマ的には“最近、生活していておかしいと思ったこと”という話題になっていき、以下のような話をしていた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい