なぜ焦ってしまうのか F1ホンダ勢が陥った負の連鎖

2019/10/30 17:00

 F1アメリカ大陸3連戦の初戦メキシコ・グランプリ(GP)は標高2300m、富士山の五合目に相当するメキシコシティの『エルマノス・ロドリゲス・サーキット』で行われた。高地にあるのため空気が薄く、ダウンフォースが減りPUの性能も低下する、グランプリサーキットの中でもかなり特殊な環境だ。またレーシングポイントのセルジオ・ペレスの母国でもあり、非常に熱狂的なファンが34万人も駆けつけ、まさに「ラテンのノリ」の一大イベントになっている。

あわせて読みたい

  • 【F1】絶対王者の背中は見えた! ホンダがアメリカで“魅せた”攻めの姿勢

    【F1】絶対王者の背中は見えた! ホンダがアメリカで“魅せた”攻めの姿勢

    dot.

    11/6

    悔しすぎる… 聖地・鈴鹿が暴いたホンダの厳しい現状

    悔しすぎる… 聖地・鈴鹿が暴いたホンダの厳しい現状

    dot.

    10/16

  • ホンダのF1最終年、日本人ファンは一体何を期待したらいいのか…

    ホンダのF1最終年、日本人ファンは一体何を期待したらいいのか…

    dot.

    2/18

    やっぱりホンダにはポテンシャルがある! シンガポールGPで示した興味深いデータ

    やっぱりホンダにはポテンシャルがある! シンガポールGPで示した興味深いデータ

    dot.

    9/25

  • ホンダが見せた新たな可能性 スパの森に響いた力強い咆哮

    ホンダが見せた新たな可能性 スパの森に響いた力強い咆哮

    dot.

    9/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す