8点差を最終回逆転で甲子園へ 星稜の奇跡はなぜ起きたのか?

2019/08/04 14:00

 2014年夏、高校野球石川大会の決勝。0対8。星稜は小松大谷に大量リードを許していた。九回裏、8点差を追いあげるまでに許されたアウトはわずか3つ。決勝でなければ7回で試合が終わっている。

あわせて読みたい

  • こんな筋書きは誰も書けない… 甲子園の地方予選で起きた「奇跡の大逆転」

    こんな筋書きは誰も書けない… 甲子園の地方予選で起きた「奇跡の大逆転」

    dot.

    7/6

    「大会記録達成」「奇跡の逆転劇」の目前で…一筋縄ではいかない夏の甲子園

    「大会記録達成」「奇跡の逆転劇」の目前で…一筋縄ではいかない夏の甲子園

    dot.

    8/17

  • 松井秀喜は大河ドラマ・甲子園に欠かせない千両役者だった

    松井秀喜は大河ドラマ・甲子園に欠かせない千両役者だった

    週刊朝日

    8/5

    23三振を奪った星稜・奥川恭伸を智弁和歌山の選手たちはどう見たか

    23三振を奪った星稜・奥川恭伸を智弁和歌山の選手たちはどう見たか

    週刊朝日

    8/17

  • これも「魔物の仕業」なのか…夏の甲子園、まさかの判断ミスで悲劇の終幕

    これも「魔物の仕業」なのか…夏の甲子園、まさかの判断ミスで悲劇の終幕

    dot.

    8/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す