高校野球「エース温存」ドラマの結末 大谷、イチロー、マエケンも経験

2019/07/26 17:00

 猛暑のなか、連戦が続く夏の地方大会は、決勝戦までを見据えた過密スケジュールの中で、試合によってはエースを休ませる必要も生じてくるが、このさじ加減はなかなか難しい。一歩間違えると、2番手投手が打たれ、慌ててエースを投入したときには手遅れというケースも少なくない。

あわせて読みたい

  • イチロー、前田智徳… 天才たちが残した地方予選の“驚異的高打率”

    イチロー、前田智徳… 天才たちが残した地方予選の“驚異的高打率”

    dot.

    7/5

    大船渡・佐々木の決勝戦登板回避でスカウトの本音 「決勝で能力、見たかった」 

    大船渡・佐々木の決勝戦登板回避でスカウトの本音 「決勝で能力、見たかった」 

    週刊朝日

    7/26

  • 大谷翔平、内川聖一、稲葉篤紀…「甲子園の夢」が散った明暗を分けた判定

    大谷翔平、内川聖一、稲葉篤紀…「甲子園の夢」が散った明暗を分けた判定

    dot.

    7/29

    まさかの大不振…夏の甲子園、地方大会で“苦しんだ”未来のプロ野球選手たち

    まさかの大不振…夏の甲子園、地方大会で“苦しんだ”未来のプロ野球選手たち

    dot.

    7/25

  • 「カット打法」千葉、「代打の神様」今吉… 夏の甲子園、記録より記憶に残った球児【西尾典文】

    「カット打法」千葉、「代打の神様」今吉… 夏の甲子園、記録より記憶に残った球児【西尾典文】

    dot.

    7/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す