「教育困難校」教師を追いつめる職員室の人間関係 女性教員が苦しむ同僚の”使えない”のひと言

教育

2019/07/23 11:30

 昨今、教員は長時間労働やモンスターペアレントに悩ませられるブラックな仕事というイメージがある。中でも生徒の学力により仕事内容が大きく変わる高校、とくに「教育困難校」での勤務は多忙を極める。教育ジャーナリストの朝比奈なを氏は、朝日新書『ルポ 教育困難校』で、教員同士の人間関係が、教師の負担にさらに追い打ちをかけると言う。同書より内容の一部を紹介する。

あわせて読みたい

  • 8月号教育ジャーナリスト 朝比奈なをAsahina Naoさまざまな困難が集中する「教育困難校」

    8月号教育ジャーナリスト 朝比奈なをAsahina Naoさまざまな困難が集中する「教育困難校」

    8/1

    教育困難校で急増する「外国にルーツを持つ高校生」 生徒が直面するアイデンティティの惑い

    教育困難校で急増する「外国にルーツを持つ高校生」 生徒が直面するアイデンティティの惑い

    dot.

    7/22

  • 親の孤立が子どもに連鎖 「教育困難校」の生徒が抱える“つながり格差”とは…

    親の孤立が子どもに連鎖 「教育困難校」の生徒が抱える“つながり格差”とは…

    dot.

    7/21

    「もう限界」…ブラック学校の非正規教員、残業は月160時間でも手取りで月17万円

    「もう限界」…ブラック学校の非正規教員、残業は月160時間でも手取りで月17万円

    AERA

    7/23

  • 教職のブラックすぎが原因!? 教育学部の志願者数が約10年で「激減」の衝撃

    教職のブラックすぎが原因!? 教育学部の志願者数が約10年で「激減」の衝撃

    dot.

    3/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す