選手からも「国内で戦っても強くならない」の声… 日本サッカー界よ、チリ戦惨敗の今こそ再考すべきキリン杯の大胆運用

2019/06/19 16:00

 2020年東京五輪を1年後に控えるU-22日本代表世代にとって、2019年コパアメリカ(ブラジル)は重要な試金石だ。15年、16年大会連覇中の南米王者・チリとの初戦(現地時間17日・サンパウロ)に向け、森保一監督は「最低でも勝ち点1を拾っていけるような粘り強い戦いをしたい」と語っていたが、そのハードルはあまりにも高かった。

あわせて読みたい

  • 柴崎岳は「長谷部誠的リーダー」になれるか 次戦エクアドル戦が試金石に

    柴崎岳は「長谷部誠的リーダー」になれるか 次戦エクアドル戦が試金石に

    dot.

    6/22

    森保ジャパンの“デュエル王”は誰だ? 南米一の対人強さを誇るチリ戦がリトマス試験紙に

    森保ジャパンの“デュエル王”は誰だ? 南米一の対人強さを誇るチリ戦がリトマス試験紙に

    dot.

    6/17

  • 世界騒然の三好に続け! 今度は久保が日替わりヒーローへ

    世界騒然の三好に続け! 今度は久保が日替わりヒーローへ

    dot.

    6/24

    久保、堂安に続く男の台頭に期待、東京五輪へ“経験の場”ではないウルグアイ戦

    久保、堂安に続く男の台頭に期待、東京五輪へ“経験の場”ではないウルグアイ戦

    dot.

    6/20

  • 長友佑都の聖域? 世界大会で浮き彫りになった日本代表の“アキレス腱”

    長友佑都の聖域? 世界大会で浮き彫りになった日本代表の“アキレス腱”

    dot.

    6/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す