米ドラ1右腕が日本に“流出”も、メジャーリーグが冷静なワケ

2019/06/03 16:00

 ソフトバンク入りが決まったカーター・スチュワートは、昨年6月のドラフトでブレーブスから1巡目指名(全体8位)を受けたが、契約には至らず、高校から大学へ進んだ。ブレーブスが右手首の状態を懸念し、契約金を抑えようとしたのが理由だ。提示額の200万ドル(約2億2000万円)は、この順位における相場の半分にも届かなかった。

あわせて読みたい

  • 90日間連続ピザ、Uber運転手で生活費…“過酷すぎる”マイナー選手の実態

    90日間連続ピザ、Uber運転手で生活費…“過酷すぎる”マイナー選手の実態

    dot.

    6/20

    メジャーに“置いて行かれた”プロ野球の年俸 過去40年で広がった「絶望的な格差」

    メジャーに“置いて行かれた”プロ野球の年俸 過去40年で広がった「絶望的な格差」

    dot.

    4/27

  • 日本は“踏み台”扱い… 活躍した助っ人の「即メジャー復帰」が主流に?

    日本は“踏み台”扱い… 活躍した助っ人の「即メジャー復帰」が主流に?

    dot.

    4/9

    大谷翔平は“史上最高年俸”をゲットできるのか? 難解な二刀流の査定を考察

    大谷翔平は“史上最高年俸”をゲットできるのか? 難解な二刀流の査定を考察

    dot.

    1/10

  • ゴルフの中心地が米国からサウジへ? “お金”で選手を引き抜く新リーグの勢い続くか

    ゴルフの中心地が米国からサウジへ? “お金”で選手を引き抜く新リーグの勢い続くか

    dot.

    6/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す