「不機嫌がコントロールできず、夫婦仲が…」悩める31歳女性に鴻上尚史が伝えた、喫茶店で見かけたカップルにゾッとした理由 (2/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「不機嫌がコントロールできず、夫婦仲が…」悩める31歳女性に鴻上尚史が伝えた、喫茶店で見かけたカップルにゾッとした理由

連載「鴻上尚史のほがらか人生相談~息苦しい『世間』を楽に生きる処方箋」

dot.#鴻上尚史

 それは、不機嫌をコントロールしているということです。

 変な例えですが、無差別に人を襲ったと思われている人は「錯乱して何がなんだか分からなかった」と言うことが多いです。でも、よく調べてみると、襲ったのは、女性と子供ばかりだったりします。男性でも、自分より小さい人とか痩せている人です。つまり、錯乱していると言いながら、ちゃんと、「勝てそうな人」を選んでいるのです。的確な判断力がある状態を、錯乱とは言えないのです。

 とんでもない例えでごめんなさい。でも、あーこさん、「昔から不機嫌になるとすぐ態度に」と書かれていますが、いつもいつも態度に出ましたか? 友達と先生の前だと、不機嫌の出し方、出方は違っていたんじゃないですか?

 ですから、あーこさんは自分の不機嫌をちゃんとコントロールできているのです。できないという相談ではないのです。

 では、どうして親や旦那さん、子供の前ではあからさまに不機嫌になってコントロールできなくなるんでしょう?

 あーこさん、どうしてですか?

 僕の考えを言いますね(本当は、じっくり考えてもらって、三日後とか一週間後に、以下の文章を読んで欲しいのですが)。

 親や旦那さん、子供の前で不機嫌になるのは、「この場では、不機嫌でも大丈夫」という気持ちがあるからだと思います。

「ここは絶対に不機嫌になってはいけない」と思っていたら、あーこさんはちゃんとコントロールするはずです。

 相手が受け入れてくれる、許されると思うから、感情は爆発するのです。

 でも、同時に、この人にだけは分かってもらいたい、この人は分かってくれるはずだと思っていても、感情は爆発します。

 取引相手に対しては、丁寧で我慢強くタフな人が、身内の社員に対しては、横柄だったり感情的になることはよくあります。

 それは、「身内だから受け入れてくれるはずだ」という甘えと同時に「身内にだけは分かってもらいたい」という期待があるからです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい