ケガの傷口を乾かしてはいけない? 皮膚科医が医師になって知ったこと

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

ヘルス

2019/05/10 07:00

 誰しも子どもの頃、転ぶなどしてすり傷をつくった経験があるでしょう。そんなとき、どうするのが正しいのでしょうか? 京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師は、皮膚科医になって、それまでの対処法が間違っていたことを知ります。

あわせて読みたい

  • 裸足に気付かず外を歩くことも 糖尿病による足の病気

    裸足に気付かず外を歩くことも 糖尿病による足の病気

    週刊朝日

    10/6

    もう悩まない!「あかぎれ」対処法の新常識とは

    もう悩まない!「あかぎれ」対処法の新常識とは

    dot.

    1/20

  • 気になる傷跡は手術で治す? 進化する「傷痕ケア」

    気になる傷跡は手術で治す? 進化する「傷痕ケア」

    週刊朝日

    5/9

    人食いバクテリアの恐ろしさを知っていますか? 手足の痛みや腫れの異常を感じたら、すぐに医療機関へ!

    人食いバクテリアの恐ろしさを知っていますか? 手足の痛みや腫れの異常を感じたら、すぐに医療機関へ!

    tenki.jp

    9/22

  • 足の裏にできるタコ、うおのめ、イボ 皮膚科医が解説するその違いとは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    足の裏にできるタコ、うおのめ、イボ 皮膚科医が解説するその違いとは?

    dot.

    4/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す