“早熟傾向”の女子フィギュア選手にとって「真のピーク」とは…

2019/04/11 17:00

 3月16日、「浅田真央サンクスツアー」群馬公演初日。プロスケーター・浅田真央さんが成熟した滑りで再現する数々の名プログラムは、時に現役時代よりも魅力的だった。選手時代の代名詞・トリプルアクセルはもちろん跳ばなかったが、観客は心から満足したのではないだろうか。スケートの魅力がジャンプだけではないことを体現するのが、現在の浅田さんの滑りだろう。

あわせて読みたい

  • ザギトワは「19歳」で五輪候補外…早熟の女子フィギュアで異彩放つ“24歳の女帝”

    ザギトワは「19歳」で五輪候補外…早熟の女子フィギュアで異彩放つ“24歳の女帝”

    dot.

    11/5

    “ネクスト真央”は誰だ? 女子フィギュア界の有望選手を総チェック!

    “ネクスト真央”は誰だ? 女子フィギュア界の有望選手を総チェック!

    dot.

    1/11

  • メドベージェワ、本田真凜らが魅了! 氷上で輝いた“華やかな衣装”の思い出

    メドベージェワ、本田真凜らが魅了! 氷上で輝いた“華やかな衣装”の思い出

    dot.

    4/15

    浅田真央「挫折の後の成功」 21年のストーリー

    浅田真央「挫折の後の成功」 21年のストーリー

    週刊朝日

    4/19

  • “ライバル国”の選手も指導…フィギュアコーチの熱意に国境は関係なし

    “ライバル国”の選手も指導…フィギュアコーチの熱意に国境は関係なし

    dot.

    2/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す