信長や秀吉も名医を抱えていた? 中国由来の漢方が日本で発展した理由

ヘルス

2019/04/13 08:00

 中国で2千年以上前に生まれた漢方は、いつごろ、どのようにして、日本で独自の発展をとげたのでしょうか。江戸時代に大きく発展した「日本漢方」は、一時衰退しますが、その後、復興を果たします。週刊朝日ムック「家族ではじめる本格漢方2019」では、北里大学東洋医学総合研究所医史学研究部の小曽戸洋客員教授に解説してもらいました。

あわせて読みたい

  • 日本漢方が「セミオーダー医療」と呼ばれる理由

    日本漢方が「セミオーダー医療」と呼ばれる理由

    dot.

    4/14

    西洋医学では治せない病気でも、漢方なら治療できる?

    西洋医学では治せない病気でも、漢方なら治療できる?

    dot.

    4/12

  • 全82大学医学部の漢方教育は? 専任教員がいる大学37%の調査結果

    全82大学医学部の漢方教育は? 専任教員がいる大学37%の調査結果

    dot.

    5/6

    常盤貴子さんが漢方生活を語る 週刊朝日ムック『未病から治す本格漢方2021』発売!

    常盤貴子さんが漢方生活を語る 週刊朝日ムック『未病から治す本格漢方2021』発売!

    3/30

  • 八味地黄丸で頻尿治療…漢方薬が医師から注目されるワケ

    八味地黄丸で頻尿治療…漢方薬が医師から注目されるワケ

    週刊朝日

    3/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す