根尾昂は新人王獲得できるか? 清原和博ら高卒野手で成績を残した怪物列伝 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

根尾昂は新人王獲得できるか? 清原和博ら高卒野手で成績を残した怪物列伝

このエントリーをはてなブックマークに追加
梅宮昌宗dot.
根尾昂 (c)朝日新聞社

根尾昂 (c)朝日新聞社

高卒1年目で新人王を獲得した清原和博 (c)朝日新聞社

高卒1年目で新人王を獲得した清原和博 (c)朝日新聞社

 連日のスポーツニュースでは大阪桐蔭で昨年の春夏に連覇を達成した中日・根尾昂、ロッテ・藤原恭大の一挙手一投足が報じられている。だが、プロの世界は厳しい。高卒の新人が1年目で新人王を獲得したケースは過去に14人のみ。野手に至っては中西太、豊田泰光、榎本喜八、張本勲、清原和博、立浪和義の6人しかいない。イチロー、松井秀喜と球史に名を刻む強打者でも新人王を獲得できなかった。高校野球の金属バットからプロ野球は木製バットに代わり、直球、変化球のキレも高校生とプロではレベルが違う。鳴り物入りで入った金の卵たちが自信を喪失するケースも少なくない。同じ新人でも大学生、社会人上がりの選手たちは体が一回り大きく、スピードやパワーも高校生より分がある。1年間試合に出続けられる体力も求められる故に、高卒ルーキーが新人王を獲得するのは至難の業だ。

【写真】新人王時代の清原和博は輝いていた…

 過去の高卒1年目で新人王を獲得した選手たちの成績を見るとある選手の凄さが理解できる。

52年 中西太(西鉄)   
打率・281、12本塁打、65打点
53年 豊田泰光(西鉄)  
打率・281、27本塁打、59打点
55年 榎本喜八(大毎)  
打率・298、16本塁打、67打点
59年 張本勲(東映)   
打率・275、13本塁打、57打点
86年 清原和博(西武)  
打率・304、31本塁打、78打点
88年 立浪和義(中日)  
打率・223、4本塁打、18打点

 6人の中で打率、本塁打、打点といずれもトップが清原だ。PL学園からドラフト1位で入団すると、前半戦は打・252、11本塁打の成績を残して球宴に出場。後半戦は20本塁打とさらに打ちまくった。10月7日のロッテ戦で初の4番に抜擢され、高卒新人史上最多の31本目の本塁打をマーク。129試合を終えた時点で打率・301だったが、当時の森祇晶監督にシーズン最終戦も出場を直訴。猛打賞で打率・304に上げて締めくくるなど、異次元の怪物だった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい