巨人の“飼い殺し”なくなる? 「現役ドラフト」はメジャーで機能、日本導入には問題点も

2019/02/09 17:00

 逆にルール5ドラフトで指名できる選手は一球団につき1人なのにもかかわらず、事実上は2人以上を獲得できる方法もある。事前に他球団と話をつけ、その球団がルール5ドラフトで指名した選手を直後にトレードで獲得するという方法だ。

 貴重な40人枠を一時的にとはいえ空けなければならなかったり、結局はトレードで代償が必要になるというリスクはあるとはいえ、これらは抜け道には違いない。日本でもFA人的補償で認められていない移籍拒否を引退示唆で押し通したと報じられた例や、プロテクトリストを作成するタイミングの前に自由契約として保障選手の確定後に再契約した例などが物議を醸してきた。

 もし本当に「現役ドラフト」を導入するならば、メジャーリーグのルール5ドラフトそのままではなく、日本プロ野球の事情に合わせたカスタマイズをきっちり行い、制度上の不備を極力なくしてほしいところ。かつては日本でも「トレード会議」、「セレクション会議」といったものが行われて移籍の活性化を図った例もある。チャンスがなかなか得られない選手に新たな機会を与えたいという趣旨には反対する人はそういないだろう。若手有望株の飼い殺しなど、誰も望んではいないのだから。(文・杉山貴宏)

1 2 3

あわせて読みたい

  • “日本版”現役ドラフトがいかに本家と違うのか  育成契約の“逃げ道”など気になる点が多数

    “日本版”現役ドラフトがいかに本家と違うのか 育成契約の“逃げ道”など気になる点が多数

    dot.

    11/26

    現役ドラフト移籍組「飛躍しそうな選手5人」は?  “飼い殺し”解消には課題も

    現役ドラフト移籍組「飛躍しそうな選手5人」は?  “飼い殺し”解消には課題も

    dot.

    12/13

  • 飼い殺し選手を救え!「現役ドラフト」を導入すれば、どんな選手が対象になるのか【西尾典文】

    飼い殺し選手を救え!「現役ドラフト」を導入すれば、どんな選手が対象になるのか【西尾典文】

    dot.

    2/20

    糸井のFA移籍で注目高まる「人的補償」 移籍後に活躍した選手は?

    糸井のFA移籍で注目高まる「人的補償」 移籍後に活躍した選手は?

    dot.

    11/28

  • 楽天は西巻のプロテクト外しに失敗? 巨人・原監督は人的補償廃止を提言 FA交渉激化で議論再燃

    楽天は西巻のプロテクト外しに失敗? 巨人・原監督は人的補償廃止を提言 FA交渉激化で議論再燃

    dot.

    11/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す