金田正一の「破天荒すぎる伝説」 プロ初勝利かかる投手を“半強制リリーフ”

2019/01/27 17:00

 すると、金田はベンチの前でボールを叩きつけて悔しがった。ネット裏の記者席でも「あの態度は良くないな」の声が出るほどだった。後に金田は親しい番記者に「あのときは“しまった"と思ったんだが、もう手遅れだった。許してくれよ」と打ち明けている。

 5回、好投を続けていた島谷が先頭の横山昌弘に三塁打を浴びると、金田はベンチの中で「オレに行かせてくれ!」と訴えた。立場上露骨な交代はできない宇野監督も、内心「しめた」と思ったのか、ついにリリーフ・金田を告げた。

 ピンチを無失点で切り抜けた金田は8回に1点を許したものの、2対1で投げきり、20勝に到達。「実に長かった。10年間だものな。しかし、とうとうオレはやったんだ」と喜びをあらわにした。だが、「後味の悪い大記録」(朝日新聞)の見出しで報道されるなど、引き立て役になった島谷に同情する声も多かった。

 金田は64年まで14年連続20勝を記録したが、島谷は実働7年間で1勝も挙げられないまま引退している。

●プロフィール
久保田龍雄
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。

1 2 3

あわせて読みたい

  • 昔のプロ野球が“血気盛んすぎ”  金田正一は大暴れ!

    昔のプロ野球が“血気盛んすぎ”  金田正一は大暴れ!

    dot.

    3/4

    追悼・金田正一さん「400勝、No.1」の偉業を江本孟紀が解説

    追悼・金田正一さん「400勝、No.1」の偉業を江本孟紀が解説

    週刊朝日

    10/16

  • 167センチの“小さな巨人”石川がローテで投げ続けられるワケ【燕軍戦記】

    167センチの“小さな巨人”石川がローテで投げ続けられるワケ【燕軍戦記】

    dot.

    8/16

    “勝手に選ぶ”歴代最強のベストナイン 金田正一氏のほか現役3人も

    “勝手に選ぶ”歴代最強のベストナイン 金田正一氏のほか現役3人も

    週刊朝日

    10/19

  • 1000試合登板…鉄腕岩瀬は中日黄金期の『真のエース』だった【喜瀬雅則】

    1000試合登板…鉄腕岩瀬は中日黄金期の『真のエース』だった【喜瀬雅則】

    dot.

    9/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す