広瀬すず紅白司会「失敗」をNHKは歓迎しているに違いない (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

広瀬すず紅白司会「失敗」をNHKは歓迎しているに違いない

連載「あの人ってば。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
矢部万紀子dot.
紅白の紅組司会で言い間違いを謝罪した広瀬すず (c)朝日新聞社

紅白の紅組司会で言い間違いを謝罪した広瀬すず (c)朝日新聞社

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

 そんなわけで、すずちゃんの司会を予測するのはごく簡単。当てて当然。なので、コラムをこう締めくくった。「すずちゃん、司会上手だといいなあ」

 終わってみれば司会上手だったのは、総合司会・内村光良だということになるだろう。内村が「なつぞら」のナレーションをすることも紅白の後半に発表された。

 審査員に選ばれていた永野芽郁(「半分、青い。」)と安藤サクラ(放送中の朝ドラ「まんぷく」ヒロイン)が登場したところで、すずちゃんが内村に「『なつぞら』に参加いただけるんですよね?」と問いかけた。すると内村がこう答えた。「はい、ここで発表いたします。私、内村、『なつぞら』の語りを担当します!」

 紅白=壮大な「なつぞら」宣伝フェスティバル。

 話は変わるが、昨年NHKを退職した有働由美子さんの著書『ウドウロク』に、紅組の司会をした話が出てくる。タイトルは「あの大仕事」。初めて司会をした2001年、カンニングペーパーなしで進行せよと命じられたそうだ。

<すべて暗記って……。五十組以上の出場歌手のお名前と曲、応援で出演される方々のお名前や肩書き、伴奏者名や曲紹介……厚さ三・五センチ、前半後半二冊に渡る台本を覚えるって??? 台本の重さがそのまま圧力となり、肩にのしかかる。>

 そこから当日までの苦労(覚えても台本が次々書き直される)、本番のドタバタ(時間調整でコメントを伸縮)、終了後の打ち上げ(干支の着ぐるみで出演者をご接待)、スタッフだけのカラオケ(全楽曲を順番に歌う「紅白やり直し」)などなどが、実に楽しそうに書かれている。有働さんはNHKが好きで、誇りをもっているな、とよくわかる。

 NHKと同じ「マスコミ」と呼ばれる会社に長く勤めた者としては、有働さんは大きな舞台を与えられることで成長したのだな、と思う。だが、昨今のNHKの判断は、「紅白歌合戦を番組宣伝の場にしよう」なのだ。なんだかなー。

 1月1日、すずちゃんのブログがアップされた。「アーティスト様の言い間違えがあったことを」お詫びしていた。「大変、失礼いたしました、、」の後、こんな文章が続いた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい