来オフのメジャー争奪戦になりそうな意外な日本人選手とは? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

来オフのメジャー争奪戦になりそうな意外な日本人選手とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
今中洋介dot.
ヤンキースの田中将大 (c)朝日新聞社

ヤンキースの田中将大 (c)朝日新聞社

楽天の則本昂大 (c)朝日新聞社

楽天の則本昂大 (c)朝日新聞社

 日米で数々の偉業を成し遂げた野茂英雄が1995年5月2日に衝撃のメジャーデビューを果たしてから23年余りの月日が流れた。イチロー、松井秀喜、松井稼頭央、松坂大輔、岩隈久志、青木宣親、ダルビッシュ有、田中将大、前田健太ら球界を代表する選手たちが続々と米国に渡り、今オフは西武のエース・菊池雄星がポスティングシステム(入札制度)による大リーグ移籍を目指している。侍ジャパンの4番に座るDeNAの筒香嘉智も契約更改の席で、来オフのメジャー移籍へポスティングシステム利用の容認を球団側に求めた。

【写真】ポスト・マー君は?大リーグスカウトが注目するのはこの選手!

 11月の日米野球で活躍したソフトバンクの柳田悠岐、西武の秋山翔吾も対戦した米大リーグ(MLB)選抜の首脳陣、選手から「良い選手だね」と賛辞の言葉を送られた。筒香、柳田、秋山と日本を代表する強打者たちについて、米国の実際の評価はどうなのだろうか。

 西海岸の球団スカウトは「筒香は評価が分かれるバッターですね。日本のパワーヒッターは米国で結果を残せなかったケースが少なくない。ただ打撃技術が高いので手元で動く球質に十分に対応できると思う。打率2割8分、20本塁打は残せるのではないでしょうか。秋山は青木に近いタイプのヒットメーカー。柳田はスピードとパワーを兼ね備えている。体格も米国の選手に見劣りしないし、大谷のような活躍をしても不思議ではない」と分析する。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい