来オフのメジャー争奪戦になりそうな意外な日本人選手とは?

2019/01/06 10:00

 日米で数々の偉業を成し遂げた野茂英雄が1995年5月2日に衝撃のメジャーデビューを果たしてから23年余りの月日が流れた。イチロー、松井秀喜、松井稼頭央、松坂大輔、岩隈久志、青木宣親、ダルビッシュ有、田中将大、前田健太ら球界を代表する選手たちが続々と米国に渡り、今オフは西武のエース・菊池雄星がポスティングシステム(入札制度)による大リーグ移籍を目指している。侍ジャパンの4番に座るDeNAの筒香嘉智も契約更改の席で、来オフのメジャー移籍へポスティングシステム利用の容認を球団側に求めた。

あわせて読みたい

  • 菊池、筒香、秋山のメジャー挑戦で東京五輪メンバー選考がピンチ

    菊池、筒香、秋山のメジャー挑戦で東京五輪メンバー選考がピンチ

    dot.

    1/3

    則本昂大が菅野智之より来オフのFA目玉になる理由 巨人、ソフトバンク、阪神で争奪戦も

    則本昂大が菅野智之より来オフのFA目玉になる理由 巨人、ソフトバンク、阪神で争奪戦も

    dot.

    2/24

  • 菅野智之の巨人残留決定、メジャーの意外な評価とは

    菅野智之の巨人残留決定、メジャーの意外な評価とは

    週刊朝日

    1/9

    巨人・菅野智之が年俸8億円、メジャー挑戦の際に「大幅ダウン」を受け入れられるか

    巨人・菅野智之が年俸8億円、メジャー挑戦の際に「大幅ダウン」を受け入れられるか

    週刊朝日

    1/16

  • 広島・鈴木誠也は今オフにもメジャーへ? 残留、国内移籍含め大注目の今後

    広島・鈴木誠也は今オフにもメジャーへ? 残留、国内移籍含め大注目の今後

    dot.

    10/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す