滝藤賢一さんの「ひげ濃いめ主婦」がツボなんですけど (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

滝藤賢一さんの「ひげ濃いめ主婦」がツボなんですけど

連載「あの人ってば。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
矢部万紀子dot.#矢部万紀子

滝藤賢一 (c)朝日新聞社

滝藤賢一 (c)朝日新聞社

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

 赤江珠緒さんのラジオ「たまむすび」を時々、聞いている。彼女の「上昇志向のない感じ」が好きなのだ。

 先週だったかの放送で赤江さん、最近お気に入りのテレビコマーシャルがあると言っていた。もしや、と思い聞いていたら、やっぱりそうだった。「あなた、シャンプーで、全身洗っちゃう人ー?」って言うのがいいんだよね。赤江さんそう言ってた。わー、赤江さん、やっぱり気が合いますね。私も大好き、あのCM。心でつぶやいた。

 というわけで、赤江さんと私の大好きなキンチョーティンクルのCMのお話。滝藤賢一さんが出演している。

 ごく短いCMだ。「シンクはお皿と同じ洗剤で洗えばいいと思ってた?」と始まる。その声で、遠目に映るシンクを磨いている人は男性なのだ、とわかる。

 次の「えー!」「えー!」という台詞とともに、声の主がアップになる。「ひげ濃いめの主婦」が映り、俳優の滝藤賢一さんがいる。そして、決め台詞。

「あなた、シャンプーで、全身洗っちゃう人ー?」

 これだけ。だけど、最高に面白い。滝藤さんの女装ぶりが、すごくよい。過剰とナチュラルのちょうど中間くらいのメイクで、ひげ濃いめぶりが好もしい。

 男の人が女言葉を使うと「オネエ言葉」になりがちだが、そうならない。淡々とよりは力を込め、でも過剰ではなく、ずっと真面目に演じているから、「あなた、シャンプーで、全身洗っちゃう人ー?」の決め台詞が、純粋に「落ち」として伝わってくる。

「シンクにはシンクの洗剤」とナレーションが入り、最後に滝藤さん、「キンチョー、ティンクル」と歌う。この歌い方が正統派っぽいというか、微妙に上手というか、それもとてもよい。とにかく、ツボにハマるCMなのだ。

 滝藤さん、よいなーと思う。「半沢直樹」(2013年、TBS系)でいじめ倒される銀行マンを演じたあたりから注目され、2018年には朝ドラ「半分、青い。」でヒロインの父親を演じた。母親役は松雪泰子さんで、滝藤さんは松雪さんを「ハルさん」、松雪さんは滝藤さんを「ウーちゃん」と名前で呼びあっていた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい