「借金で死ぬな!」カンニング竹山が失敗から学んだ正しい解決方法 (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「借金で死ぬな!」カンニング竹山が失敗から学んだ正しい解決方法

連載「言わせてもらいますけどね!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ(撮影/写真部・小原雄輝)

カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ(撮影/写真部・小原雄輝)

(写真/getty images)

(写真/getty images)

 人が金借りる時って、一番身内に借りたくないんですよね。他人に借りたいから、貸金業者があるんです。サラ金に行くと、よくこんなシーンが紹介されています。友達の結婚式でお祝儀代が足りないからキャッシングで3万を借りた。「何だ、気軽に借りれるんじゃん」と。でも、金は気軽に借りるなって話なんですよ。商売とかで借金するのはまた別の話だと思いますが、足りないからサラ金でちょっと借りようっていうのは本当に良くない。

 金は「借りる順番」っていうのがあると思うんです。本当に必要なときは身内とか知り合いに直接会って土下座して、返済計画をきちんと立てて借りる。これは返します。無計画な「ちょっと貸して」は返ってこないと思ったほうがいい。僕は後輩とかに貸してくれって頼まれることはあって、何十万と返ってきていないものもありますが、直接会いに来ないと貸さないことにしています。電話でとかありえない。面と向かって、頭を下げないと。貸しはしますけど、めちゃくちゃ説教して、返済計画まで立てさせます。例えば3万円借りるなら、来月にいくら払って、何回払いで返しますって具体的に。

 貸金業者で気軽に金を借りて、きちんと返済していくやつはあまりいないと思います。返せるような計画性のある人は、身内とか他の方法で借りますから。急な用で金が必要というときも、貸金業者という選択肢を持たない。そうじゃないと増え続けます。

 それと、解決方法はあるってことを知ってほしい。

 実は、僕が当時50万以上借りていたある会社から、後にCMのオファーをもらったんです。借りた分は返してましたが、債務整理で過払い分を引いてもらっていたから、「出られないんじゃない?」って話をしたんですよ。そしたらその会社のお偉いさんが「全部知ってます」「それでも役者として使いたい」と言ってくれました。テレビCMだったので、正直言うと、僕がその会社から借りていた額の何倍というギャラをもらいました。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい