大炎上「M-1」暴言騒動はなぜ収束しないのか? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大炎上「M-1」暴言騒動はなぜ収束しないのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒崎さとしdot.

上沼恵美子 (c)朝日新聞社

上沼恵美子 (c)朝日新聞社

■お酒をめぐる不祥事にスポンサーも激怒

 「M-1グランプリ2018」での審査を巡って、2017年チャンピオンのとろサーモン・久保田かずのぶ(39)と、スーパーマラドーナの武智正剛(40)が審査員を務めた上沼恵美子(63)に対して暴言を吐いたとして、大炎上している騒動。例年、M-1放送終了後1週間ほどは、他のお笑い芸人のラジオ番組で必ず結果やネタを巡ってさまざまな議論がなされるが、今年はネタや優勝者よりも今回の騒動に対するコメント一色の状況だ。審査員を務めるダウンタウン・松本人志(55)や上沼本人もコメントを出したのにもかかわらず、自体は収束する気配がない。

 実は、この騒動を「終わらせたくない人たち」がいるようだ。

「問題の動画はM-1の直後に配信されたものですが、動画の内容が明らかになるに連れて上沼恵美子やとろサーモンなどの単語が、ツイッターでのバズワードやニュース記事のアクセス解析などにどんどん挙がってきているんです。ここ数日はスポーツ紙や芸能系ニュースサイトもどこも『M-1バブル』で、とにかく次のネタがほしいという状態なのでもうしばらく続くでしょう」(スポーツ紙の電子版担当編集者)

 こうしたメディア側の思惑もあり、芸能界を揺るがす大事件へと発展したわけだが、基本的には久保田と武智に対する批判的な声が大きい。

「上沼さんは関西では絶大な人気を誇っており、若手芸人たちにとって上沼さんの番組に出ることは売れる上で大きなベンチマークになっているんです。彼女はその仕事のほとんどを関西のテレビ局にしぼっており、めったに上京することはありません。M-1審査員として上京する際には、ABCの社員が東京までお迎えするなど、上を下への大騒ぎなんです」(放送作家)

 そんな大御所に対して盾突いてしまった2人。暴言に関して世間から批判が殺到し、芸人人生が終わったという声も聞かれる。その一方で、もともとのお笑いファンたちからすれば、久保田の性悪な部分や、武智の人柄やM-1への思いを知っていれば、「さもありなん」という見方もなくはない話だろう。

 しかし、関西でこの騒動はまだ長引きそうだ。

「事務所がすぐに動き、上沼サイドに謝罪しました。スピード謝罪は異例で、それほど関西では大事だったということ。吉本興業の立場は、関西で絶大とはいえ、上沼は吉本所属の芸人をすごくかわいがってくれるので当然、気を使う相手です。すでに退職はしていますが、上沼の夫は、元関西テレビの敏腕プロデューサー。今でも同局や関西の放送界に影響力があると言われてますし、後輩局員などが“忖度”して、騒動を起こした2人を起用しなくなるのは目に見えています。関西では今後しばらく、彼らの出演は難しいでしょう」(同)

 上沼本人は「もう済んでいる話」と発言し、事態の収束を強調したものの、この騒動はすでに彼女がコントロールできないレベルに発展したようだ。

「騒動について『酒の勢いで出てしまっただけ』という同情的な声も一部で聞かれましたが、実は酒に酔ってやってしまったというのが問題で、M-1のプレミアムスポンサーのサントリーが激怒しているようです。芸能人のSNSでの炎上や、飲酒による刑事事件が頻発している昨今、そのダブルパンチで騒ぎを起こしたとなれば、いくら彼らにも言い分はあるとはいえ、厳しい処分を下さねばならない。彼ら自身は実際、酔っ払っていることを前提に、先輩に甘えて暴言を吐いたくらいかもしれませんが、暴言を吐いたことが問題というよりも、テレビに出る芸能人としてのコンプライアンスが問われているわけです」(在阪の民放プロデューサー)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい