ポスト上沼恵美子は?『女芸人No.1決定戦 THE W』が存在する意義を問う (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ポスト上沼恵美子は?『女芸人No.1決定戦 THE W』が存在する意義を問う

連載「道理で笑える ラリー遠田」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラリー遠田dot.#ラリー遠田
『M-1グランプリ』での暴言問題で審査員引退を表明した上沼恵美子 (c)朝日新聞社

『M-1グランプリ』での暴言問題で審査員引退を表明した上沼恵美子 (c)朝日新聞社

 ニッチェの2人は昨年の大会に挑むにあたって、「グルメレポートの仕事が多いので、それだけではなくネタを見てほしい」という趣旨のことを語っていた。また、今年決勝に進んでいる阿佐ヶ谷姉妹の2人も、事前番組の中で「ピンクのドレスを着て歌を歌っているおばさん」という世間のイメージを覆して、「面白いおばさん」と思われたいと話していた。

 男性芸人でも似たようなことはあるのだが、女性芸人の場合は特に、テレビで売れっ子になってから芸人としての面白さを評価される場面が圧倒的に少なくなりがちだ。なぜなら、お笑い界やテレビ界では男性の方が圧倒的に多いので、女性芸人は少数派としての「女性らしさ」を求められるからだ。

 女性芸人がトーク番組に出ると、恋愛、結婚、同性への嫉妬など、女性の視聴者に共感されるようなテーマについて話すことを要求される。また、ニッチェや阿佐ヶ谷姉妹のように、それぞれのキャラクターに特化した仕事ばかりが舞い込むことも多い。

 もちろん、『M-1』や『R-1』など男女平等のお笑いコンテストはあるのだが、その中でも少数派である女性芸人はどうしても色眼鏡で見られてしまう部分がある。

 ちょっと想像してみてほしい。トレンディエンジェルのように、2人とも極端に頭髪が薄くて目立っている男性の漫才コンビがいたとする。そんな彼らが、自分たちの薄毛について一切触れずに、普通のネタをやっていたとしたら、あなたはどう思うだろうか。「いやいや、それよりも自分たちの一番の特徴をネタにしろよ」と思ってしまうのではないだろうか。少なくとも、そこに全く触れないのは不自然だと感じるはずだ。

 女性芸人についても同じことが言える。お笑い界では、女性であるというだけで「女らしさ」が目立ってしまう。だから、見る側も無意識のうちに女性っぽいネタのようなものを求めてしまう雰囲気があり、男性芸人と対等に戦うのが難しいのだ。

 その点、女性芸人しか出ていない『THE W』では、すべての出場者が平等な立場で戦うことができる。純粋にネタの面白さだけで勝負することができるのだ。だからこそ、出る側の女性芸人としてもやりがいがある。すでに十分な知名度を得ている女性芸人ですら、この大会に積極的に挑んでいるのはそのためだ。

 ある意味では、『THE W』は最も純粋に「面白さ」だけで競い合うお笑いコンテストだと言えるのかもしれない。売れっ子芸人から無名芸人まで、全員が同じ条件でぶつかり合う本気の戦いは見応え十分。女王ゆりやんレトリィバァが2連覇を果たすのか、ほかの芸人がそれを阻止するのか。熱い戦いに期待したい。(ラリー遠田)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

ラリー遠田

ラリー遠田(らりー・とおだ)/作家・ライター、お笑い評論家。お笑いやテレビに関する評論、執筆、イベント企画などを手掛ける。『イロモンガール』(白泉社)の漫画原作、『とんねるずと「めちゃイケ」の終わり<ポスト平成>のテレビバラエティ論』 (イースト新書)、『なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?』(コア新書)など著書多数。近著は『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー携書)。http://owa-writer.com/

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい