気負う有働アナが胸に刻むべきタモリとマツコの愛のある言葉とは? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

気負う有働アナが胸に刻むべきタモリとマツコの愛のある言葉とは?

連載「道理で笑える ラリー遠田」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラリー遠田dot.#ラリー遠田
新天地『news zero』で硬さが目立つ有働アナ (c)朝日新聞社

新天地『news zero』で硬さが目立つ有働アナ (c)朝日新聞社

タモリとマツコの愛のある「いじり」 (c)朝日新聞社

タモリとマツコの愛のある「いじり」 (c)朝日新聞社

 秋はテレビの改編期である。新しく始まる番組もあれば、内容がリニューアルされる番組もある。中でも今期、最も注目を集めている番組の1つが日本テレビの『news zero』である。今年3月にNHKを退職してフリーになった有働由美子アナが、10月からメインキャスターを務めることになったからだ。

【タモリとマツコの愛のある「いじり」】

 有働は長年にわたってNHKの朝の情報番組『あさイチ』のキャスターを務め、飾らないキャラクターで主婦層を中心に不動の人気を誇ってきた。そんな彼女がフリーに転身して、最初に選んだ勝負の場が『news zero』だった。

 初出演となる10月1日放送回の冒頭、有働は1人で登場して決意表明を述べた。しかし、緊張しているのか、話し方はぎこちなく、しどろもどろになっていた。結局、番組の最後までこの堅苦しさは抜けていなかった。

『news zero』の直後に放送された『月曜から夜ふかし』にも有働がゲストとして生出演していた。ここでは、有働と同じ事務所に所属するマツコ・デラックスが、彼女に対して愛のある「イジり」を仕掛けていた。「メイクを取るとオオサンショウウオみたい」と軽くジャブを浴びせ、50歳近くでフリーになるのは珍しいと指摘。マツコはそのことを「遅咲きの狂い咲き」と表現していた。

 また、有働をメインキャスターに迎えて内容も一新された『news zero』に対しても、スタジオのモニターやワイプ画面がすべて円形であることについて「丸が多すぎる」と一刀両断。それを聞いた有働が「私にはすごいみんな『評判いいですよ』って言ってました)」と首をかしげると、マツコはすかさず「誰も信じるな。資本主義ってそういうことだからな」と吐き捨てた。マツコは、民放が「資本主義」であるのに対して、有働が今までいたNHKは「社会主義」である、と語った。NHKを出て民放に挑む有働は「亡命」してきたようなものだと言い放った。

 翌日10月2日の『news zero』では、特別企画としてタモリと有働の対談が行われていた。タモリは、新天地でどう振る舞うべきか悩んでいる有働に対して、「そのままでいいんじゃないですか」「民放もNHKもテレビは同じですから」と自然体を貫くようにアドバイスしていた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい