「関ケ原」がいまだ専門家の間で議論される背景と3武将と神社仏閣の関係 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「関ケ原」がいまだ専門家の間で議論される背景と3武将と神社仏閣の関係

連載「あなたの知らない神社仏閣の世界」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#神社仏閣
現在の関ケ原古戦場決戦地。徳川家康と石田三成の家紋がはためく

現在の関ケ原古戦場決戦地。徳川家康と石田三成の家紋がはためく

大手町に今も残る「将門塚」

大手町に今も残る「将門塚」

上野東照宮に奉納された石灯籠はかなりの数が今も残っている

上野東照宮に奉納された石灯籠はかなりの数が今も残っている

●家臣たちも寺社に寄進

 こんな主君に影響されたのか、家康の臣下、家臣たちも江戸市中に競うように寺社建立、奉納を続けている。築城の名手として知られる武将のひとり加藤清正は池上本門寺の大堂(祖師堂)を建立、もうひとりの藤堂高虎は上野の自分の屋敷に東照宮を建て、家光の代に行われた造営替えの際には全国の大名から約250基もの灯籠が奉納された。

 この時、堀直寄は不忍池と凌雲院、加えて上野大仏を作った。現在この大仏はお顔だけが残され、合格祈願のご利益で有名になっている。

 徳川四天王と言われた井伊直政の息子・直政は、豪徳寺の伽藍(がらん)を造営・整備したし、四天王のもう一人・榊原康政の孫である忠次が開基となった江東区の長専院は出世不動尊としても知られるお寺である。

 このような寺社建立の思惑のひとつには、穏やかな時代となり戦いで死んでいったものたちへの鎮魂もあったのかもしれない。

 ところで徳川四天王の筆頭だった酒井忠次の家は、江戸城そばの土地を下賜された。この屋敷では有名な「伊達騒動」へとつながる事件も含め、「はばかりある出来事がしゅったい」し続けている。今もその土地は「将門塚」として大手町の一角に存在している。当時も屋敷の庭には、将門鎮魂のための祠が作られていたという。家康の家臣たちが作ったのは大きな社だけではなかったようである。(文・写真:『東京のパワースポットを歩く』・鈴子)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

鈴子

昭和生まれのライター&編集者。神社仏閣とパワースポットに関するブログ「東京のパワースポットを歩く」(https://tokyopowerspot.com/blog/)が好評。著書に「怨霊退散! TOKYO最強パワースポットを歩く!東東京編/西東京編」(ファミマ・ドット・コム)、「開運ご利益東京・下町散歩 」(Gakken Mook)、「山手線と総武線で「金運」さんぽ!! 」「大江戸線で『縁結び』さんぽ!!」(いずれも新翠舎電子書籍)など。得意ジャンルはほかに欧米を中心とした海外テレビドラマ。ハワイ好き

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい