学校に行きたくない君へ「東大生も不登校生も悩みの根は同じ」安冨歩 (2/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

学校に行きたくない君へ「東大生も不登校生も悩みの根は同じ」安冨歩

全国不登校新聞社dot.#出産と子育て#教育#東大
東大教授・安冨歩さん(撮影・全国不登校新聞社)

東大教授・安冨歩さん(撮影・全国不登校新聞社)

 なんでうれしくなかったのかというと、そのときの私が「自分自身」ではなかったからですね。私じゃない奴がいくら成功したって、私はうれしくないんですよ。

 ゲームの「ポケットモンスター」ってあるでしょ。受験や就職で戦っていたのは、私じゃなくて私のポケットモンスター(社会に適応するためにつくられた自分)だったんです。成功しても、それは私ではなく私のポケモンが成功してるだけなので、うれしくないんです。私だけでなく、ほとんどの人がそうなんです。子どもは親のポケモンだし、戦っているのは、その子自身のポケモンなんです。だからこそポケモンはあんなに人々を惹きつける。

 不登校・ひきこもりを生きる、というのはたいへんな苦悩を伴いますが、じつは私が教えている東大生も、内面の苦悩は、ほとんど同じだと感じています。前者は「自分自身じゃないもの」になろうとしてなれずに苦しみ、後者はなりきって苦しんでいる。でも「自分自身じゃないもののフリ」をすることをやめないかぎり、自分の人生は始まらないんです。

 東大生はシステムに順応して、人生を成功させちゃっているから、「自分はおかしい」と気づきにくいんです。その点、不登校やひきこもりの人は「ポケモンのまま生き続けるのは無理!」という状態ですね。だから自分自身に戻ってくる可能性が高く、それだけ健全だと思います。

――自分自身に戻れるとしても、世間はポケモンのまま生きることを求めますよね。世間に抗って自分自身になっていくのは苦しい戦いだと思います。

 抗う必要はないんですよ。ただ「こいつらはポケモンだ」という事実を認識すればいいんです。「こいつらはおかしい」と思えたらそれでいい。でも「私のほうがおかしいんだ」と思ってるうちは苦しみが続くと思います。

 どう考えてもポケモンのままで生きているほうがおかしいんです。不登校やひきこもりを生きる人はそれに拒否反応を示したわけだから、まともなんです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい