金足農・吉田輝星、大阪桐蔭・柿木蓮を狙うべき球団は…夏の甲子園「ドラフト候補」診断【投手編】 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

金足農・吉田輝星、大阪桐蔭・柿木蓮を狙うべき球団は…夏の甲子園「ドラフト候補」診断【投手編】

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.

握手する大阪桐蔭の柿木蓮(左)と金足農の吉田輝星  (c)朝日新聞社

握手する大阪桐蔭の柿木蓮(左)と金足農の吉田輝星  (c)朝日新聞社

 大阪桐蔭の史上初2度目の春夏連覇で幕を閉じた第100回全国高校野球選手権。大会前から評判だった選手が見事なパフォーマンスを見せ、また今大会で評価を上げた選手も少なくなかった。ここではそんな選手たちをドラフト候補という観点で評価、分析した。なお、取り上げた選手の中には既に進学が有力視されている選手も含まれているが、あくまでプロ志望だったことを前提として評価している。「捕手、内野手編」に引き続き、今回は「投手編」をお届けする。

【あの伝説のマネージャーも登場! 増刊『甲子園』の表紙を飾った美少女たち】

評価A:プロ志望なら上位指名濃厚
評価B:プロ志望なら指名濃厚
評価C:プロ志望なら指名の可能性あり
おすすめ球団:どの球団の補強ポイントに当てはまるか

■岸川海(二松学舎大付)
ポジション:投手
身長体重・投打:179㎝・78㎏・右投右打
評価:C
おすすめ球団:阪神
東東京大会では背番号10だったが、今大会ではエースナンバーを背負いそれにふさわしいピッチングを見せた。少し左肩の開きが早く横回転するのは課題だが、リリースに力を集中して力みなく投げて145キロ前後をマークする馬力は大きな魅力。ストレートを中心にした本格派らしいピッチングが持ち味だ。才木浩人、望月惇志などの高校卒の若手が出てきた阪神が彼らの刺激のために狙うのも面白いだろう。

■垣越建伸(山梨学院)
ポジション:投手
身長体重・投打:183㎝・93㎏・左投左打
評価:C
おすすめ球団:オリックス
関東を代表する大型サウスポー。秋までは上半身の力で投げていたフォームがこの夏はしっかり下半身を使えるように改良されて一気に安定感が増した。スピードは140キロ前後でも指のかかりが良く、数字以上の勢いを感じる。今大会は初戦で高知商に打ち込まれて早々に姿を消したが、素材の良さだけでなくある程度の完成度も備えた大型サウスポーは魅力だ。力のあるボールを投げるサウスポーの不足しているオリックスにはおすすめの投手だろう。

■秋山凌祐(愛工大名電)
ポジション:投手
身長体重・投打:175㎝・74㎏・右投右打
評価:C
おすすめ球団:ソフトバンク
それほど体が大きくないが、オーソドックスで悪いクセのないフォームで安定感が光る右腕。しっかり軸足に体重を乗せてからスムーズにステップして、スムーズに上から振り下ろせる腕の振りも目立つ。カーブ、チェンジアップと遅いボールにブレーキがあり、緩急を使えるのも長所だ。いかにも大学で伸びそうなタイプだが、クセのない投手を大きく育てることにたけたソフトバンクなどは狙っても面白い投手だろう。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい