根尾、藤原だけじゃない!夏の甲子園に現れた“ダイヤの原石”【西尾典文】

2018/08/15 16:00

 根尾昂、藤原恭大(ともに大阪桐蔭)、小園海斗(報徳学園)、吉田輝星(金足農)、渡邉勇太朗(浦和学院)、野村佑希(花咲徳栄)などがドラフト上位候補として注目を集めている100回記念の全国高校野球選手権。しかし高校生の段階では高い注目度を集めていない選手でも、その後の大学や社会人で大きく花開き、プロで活躍している選手は少なくない。横浜高校の松坂大輔(現中日)が大活躍した20年前の大会では浜田の和田毅(現ソフトバンク)、東福岡の村田修一(前巨人)などが出場しており、鹿児島実のエースだった杉内俊哉(現巨人)もノーヒットノーランを達成しているが、プロから注目されるような選手ではなかった。またその前年の大会でも和田は秋田商の石川雅規(現ヤクルト)と投げ合っているが、当時はこの二人がリーグを代表する投手になると想像した人は少なかっただろう。そこで今回はこの夏の甲子園に出場した選手の中から、彼らのように数年後に才能が花開く可能性を秘めた、キラリと光る素質を見せたダイヤの原石を紹介したい。

あわせて読みたい

  • 秘密のフォーム・林、柔らかい振りの能登 投打でセンスの岡田 甲子園でキラリ光った将来のドラフト候補

    秘密のフォーム・林、柔らかい振りの能登 投打でセンスの岡田 甲子園でキラリ光った将来のドラフト候補

    dot.

    8/14

    「甲子園は選手を覚醒させる!」 聖地で“大化け”を遂げた球児たち

    「甲子園は選手を覚醒させる!」 聖地で“大化け”を遂げた球児たち

    dot.

    6/2

  • 素材は“藤原恭大級” 来季「ドラフト1位」の能力秘める高校生外野手

    素材は“藤原恭大級” 来季「ドラフト1位」の能力秘める高校生外野手

    dot.

    12/10

    「最速154キロ」大型右腕に三拍子揃った逸材…明治神宮大会に現れた“ドラフト候補”【西尾典文】

    「最速154キロ」大型右腕に三拍子揃った逸材…明治神宮大会に現れた“ドラフト候補”【西尾典文】

    dot.

    11/15

  • 甲子園に出てなくてもすごい! 地方予選で敗れた選手でベストナイン組んでみた

    甲子園に出てなくてもすごい! 地方予選で敗れた選手でベストナイン組んでみた

    dot.

    8/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す