「試合中ボールがふたつに」「判定覆って甲子園出場が幻」…地方大会の驚くべき珍事件 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「試合中ボールがふたつに」「判定覆って甲子園出場が幻」…地方大会の驚くべき珍事件

このエントリーをはてなブックマークに追加
久保田龍雄dot.
2016年の岡山県大会決勝、玉野光南を破って優勝を決め、喜ぶ創志学園の選手 (c)朝日新聞社

2016年の岡山県大会決勝、玉野光南を破って優勝を決め、喜ぶ創志学園の選手 (c)朝日新聞社

 今年も各地で地方予選が行われ、夢の甲子園出場への切符を掴んだ高校が続々と決まっているが、懐かしい高校野球のニュースも求める方も少なくない。こうした要望にお応えすべく、「思い出甲子園 真夏の高校野球B級ニュース事件簿」(日刊スポーツ出版)の著者であるライターの久保田龍雄氏に、夏の選手権大会の予選で起こった“B級ニュース”を振り返ってもらった。今回は「命拾いしました編」だ。

【あの伝説のマネージャーも登場! 増刊『甲子園』の表紙を飾った美少女たち】

*  *  * 

 本塁上のタッチプレーの際にボールが2つに増えるハプニングが起きたのが、2013年奈良県大会3回戦、天理vs奈良大付。

 1回裏、奈良大付は2死一、二塁のピンチを迎えた直後、エース・久保秀平が暴投。捕手・西辻理誠はボールを後逸した。

 直後、まさかのハプニングが起きる。ボールを追おうとした西辻が振り返った際に球審と交錯すると、なんとボール袋の中から予備のボールがポロリ。後逸したボールはすでにバックネット裏を転々としていたのだが、状況が状況だけに目の前にあるボールをそれと勘違いするのも無理はない。無我夢中で予備のボールを手に取り、二塁から本塁を突いた走者・東原匡志にタッチした。タイミングはアウトだったが、ボールが違うのだから、当然アウトにはならない。県高野連関係者も「記憶にない」という珍事に、審判たちもどう判定すべきか、首を捻ったのは言うまでもない。

 公認野球規則9.01の「審判員は、本規則に明確に規定されていない事項に関しては、自己の裁量に基づいて裁定を下す権能が与えられている」に則り、協議した結果、天理の得点は認められず、テイク・ワン・ベースの2死二、三塁で試合再開。天理・橋本武徳監督は「インプレーだったら、2点(先制)だったかもしれない」と残念がった。

 一方、勘違いをしたのに、結果的に先制点を阻止し、“命拾い”した形となった奈良大付バッテリーは、このピンチを無失点で切り抜ける。これで試合の流れは奈良大付に。

 2回に先取点を貰った久保は、追いつ追われつのシーソーゲームのなか、天理打線を6回まで3失点に抑え、7回からリリーフした田中雄太朗も3回を1失点と好投。両投手の踏ん張りに奮起した打線も、9回に一挙7点を援護し、12対4で大勝した。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい