古賀茂明「新潟県知事選の応援を断っている小泉進次郎氏 安倍総理の命運は?」 (3/5) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

古賀茂明「新潟県知事選の応援を断っている小泉進次郎氏 安倍総理の命運は?」

連載「政官財の罪と罰」

このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:古賀茂明(こが・しげあき)/1955年、長崎県生まれ。東京大学法学部卒業後、旧通産省(経済産業省)入省。国家公務員制度改革推進本部審議官、中小企業庁経営支援部長などを経て2011年退官、改革派官僚で「改革はするが戦争はしない」フォーラム4提唱者。元報道ステーションコメンテーター。最新刊『日本中枢の狂謀』(講談社)、『国家の共謀』(角川新書)。「シナプス 古賀茂明サロン」主催

著者:古賀茂明(こが・しげあき)/1955年、長崎県生まれ。東京大学法学部卒業後、旧通産省(経済産業省)入省。国家公務員制度改革推進本部審議官、中小企業庁経営支援部長などを経て2011年退官、改革派官僚で「改革はするが戦争はしない」フォーラム4提唱者。元報道ステーションコメンテーター。最新刊『日本中枢の狂謀』(講談社)、『国家の共謀』(角川新書)。「シナプス 古賀茂明サロン」主催

新潟県知事選の応援に6月2日、気勢を上げる野党6党・会派の代表ら(C)朝日新聞社
(注)「でんわ勝手連」がどんなものかわからない方は、こちらをご覧いただきたい。
http://zero.denwa-katteren.jp/cake/denwa_web/users/reconfirm/08105f2d9e748b83300d6890dac09eb8b62a9f1a
フェイスブックやツイッターをやっていない人でも、メールアドレスを登録すれば参加できる仕組みだ。登録するとメールが送られてくるので、そこにあるリンク先をクリックすれば、ログインできる。そこで現れた画面上で自分が参加したい選挙を選べば、すぐに電話番号が表示され、電話かけに参加できる。電話した後、その結果を書き込む仕組みになっている。非常によくできたシステムだ。社会勉強だと思って、実際にやってみれば、結構楽しいものだということがわかる

新潟県知事選の応援に6月2日、気勢を上げる野党6党・会派の代表ら(C)朝日新聞社
(注)「でんわ勝手連」がどんなものかわからない方は、こちらをご覧いただきたい。 http://zero.denwa-katteren.jp/cake/denwa_web/users/reconfirm/08105f2d9e748b83300d6890dac09eb8b62a9f1a フェイスブックやツイッターをやっていない人でも、メールアドレスを登録すれば参加できる仕組みだ。登録するとメールが送られてくるので、そこにあるリンク先をクリックすれば、ログインできる。そこで現れた画面上で自分が参加したい選挙を選べば、すぐに電話番号が表示され、電話かけに参加できる。電話した後、その結果を書き込む仕組みになっている。非常によくできたシステムだ。社会勉強だと思って、実際にやってみれば、結構楽しいものだということがわかる

 現場の記者の声はというと、ほとんどの人が、かなりの接戦だと見ている。また、前回お伝えした、新潟県の一般市民の県知事選への関心が低いという状況は、中盤に入っても変わっていない。選挙があることさえ知らない人が今もまだ多いそうだ。

 野党陣営が最も心配するのはこの点で、この情勢では、市民の関心が低いまま投票日を迎えてしまい、投票率が上がらない。そうなると、組織票にものを言わせて与党候補が接戦を制する可能性が高まる。

 もう一つ、野党陣営の一部で懸念されているのが、現在の池田陣営の選挙が、共産・社民の色が濃く出過ぎているということだ。池田候補が勝つためには、中間層から保守層への食い込みが必須だが、そういう選挙戦になっていないというのである。こうした懸念を解消し、より広がりのある選挙戦にするために、期待されたのが、6月1日の新潟市内の市民大集会と2日の野党党首そろい踏みの街宣である。これらによって、県民の関心がどれくらい高まり、池田候補への中間・保守層の支持がどこまで広がるのか、週明け以降に見極められることになるだろうが、その効果に大きな関心が集まっている。

 6月4日の新聞報道の見出しとでんわ勝手連の動きが選挙の行方を決める?

 ここまで取材して感じる今回の選挙戦の特色は、どちらの陣営でも、また現場の記者たちにも、はっきりしたことを言う人がほとんどいないことだ。「全くわかりませんね」「手ごたえがないんですよ」「相手のことだけが気にかかる」というような話ばかりが聞こえてくる。

■新潟入りを断った小泉進次郎

 与党側は、前述した通り、これ以上党本部がテコ入れするのはかえって逆効果だという状況で、あとはこつこつドブ板選挙を続けるしか手がない。

 実は、自民党新潟県連は、最後の切り札として、小泉進次郎議員の新潟入りを執行部に強く要請しているそうだが、これまでのところ、党本部から断られているそうだ。前回解説したとおり、石破氏に近く、脱原発派とみられる進次郎氏が、事実上池田候補を応援した父親の小泉純一郎元総理と戦うという図式になるのを嫌がっている可能性は高い。二階幹事長の側も、新潟入りを進次郎氏に頼んで断られるとメンツ丸つぶれだ。しかも、進次郎氏が断ったという噂話が広がれば、小泉親子が安倍降ろしに動いているという見方につながり、安倍総理の自民党総裁3選に悪影響を及ぼすから、頼むに頼めないという面もあるのだろう。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい