5位「あさが来た」3位「あまちゃん」1位は? 矢部万紀子が選ぶ朝ドラベスト5 (3/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

5位「あさが来た」3位「あまちゃん」1位は? 矢部万紀子が選ぶ朝ドラベスト5

矢部万紀子dot.#ドラマ
岸和田城を訪れた、「カーネーション」出演当時の尾野真千子さん (c)朝日新聞社

岸和田城を訪れた、「カーネーション」出演当時の尾野真千子さん (c)朝日新聞社

【4位:ゲゲゲの女房(2010年上期)】

 午前8時スタート第1作で向井理が演じたのは、水木しげる。放送当時、水木はまだ存命で、よくテレビにも登場した。飄々としていて、チャーミングな人だったが、「ゲゲゲの女房」も飄々、チャーミングなドラマだった。

 二つの台詞を紹介する。貸本漫画家として、貧乏暮らしが続く水木の言葉。一つ目。「お互い苦戦が続きますなー。でも、くよくよしないで、ほがらかーにやっとればええんです」。二つ目。「自分も貧乏しとりますが、好きな漫画を描いて生きてるんですから、少しもかわいそうなことありません。自分をかわいそうがるのは、つまらんことですよ」。

 苦戦して自分をかわいそうがりがちな私への、励ましと戒めに聞こえた。他にも水木の仕事への情熱、妻への愛情がキュートに描かれ、働く女子の「こうだったらいいな」が詰まった作品だ。

【5位:あさが来た(2015年下期)】

 明治に変わる直前に大阪の両替屋に嫁ぎ、女性実業家になり、日本初の女子大をつくるヒロインあさ。あさを励ます五代を演じ、ディーン・フジオカを「おディーンさま」にしたことでも有名。23.5%の平均視聴率は、今世紀朝ドラで最高。

 個人的には、実在の女性がモデルで成功を約束されたあさより、その姉・はつ(宮崎あおい)と夫・惣兵衛(柄本佑)がお気に入り。大阪一の両替屋の跡取りだった惣兵衛だが、時代に乗り切れず夜逃げ。農家の納屋で暮らし、やがてみかん農家になる夫婦。

 宮崎は一瞬上げる口角で、喜びを表現する。苦労が多くとも、人生と折り合いをつけようとする意志が伝わる。柄本が演じた、死の直前の惣兵衛は、誰に愛想笑いをするでなく、頭を下げるでなく、地に足つけて生きて来た、みかん農家になってよかったと語る。当時29歳の柄本の台詞で、60年以上であろう惣兵衛の人生が確かに感じられた。2人のうまさに、感動。

 と、ここまでで興味を抱いてくださった方、拙著『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』をお読みいただけたら、こんなにうれしいことはないと申し上げて、おしまいとしたい。(矢部万紀子)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい