坂本勇人、山田哲人だけじゃない… “外れ1位”こそ実力者だ! (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

坂本勇人、山田哲人だけじゃない… “外れ1位”こそ実力者だ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.sportsdot.
球界屈指のスター選手に成長した坂本も“外れ1位”のひとり (c)朝日新聞社

球界屈指のスター選手に成長した坂本も“外れ1位”のひとり (c)朝日新聞社

 プロ野球開幕まで1カ月を切り、飛躍を狙う若手たちのアピールが続いている。その中でドラフト時に1位くじを外した球団から指名を受けて入団した“外れ1位”と呼ばれる男たちも多くいる。少し前ならば、佐々木主浩(89年、野茂英雄の外れ1位)、荒木雅博(95年、福留孝介、原俊介の外れ外れの1位)などが有名だが、近年、いわゆる逆指名制度が06年を最後に廃止されて以降の“外れ1位”で活躍している選手は誰がいるのだろうか。

■坂本勇人(巨人)

「外れ1位」――。真っ先に頭に浮かぶのが、巨人の主将にして、球界ナンバーワンの人気者と言える坂本だ。光星学院高時代に甲子園に出場したが、全国的な知名度はそこまで高くなく、06年秋の高校生ドラフトでは田中将大に4球団(楽天、横浜、オリックス、日本ハム)、そして堂上直倫に3球団(中日、巨人、阪神)と指名が集中。その結果、堂上を外した巨人が、同じポジションの坂本に白羽の矢を立てた。すると、高卒2年目の08年に松井秀喜以来となる10代で開幕スタメンを飾り、以降は不動の遊撃手として大活躍。タイトルも獲得しながら攻守でレベルアップを遂げ、日本を代表するスター選手となった。

■山田哲人(ヤクルト)

 前人未到の2年連続トリプルスリーを達成した山田も“外れ”でプロ入りした一人だ。履正社高で高い能力を垣間見せていたが、10年秋のドラフトでは大石達也に6球団(西武、横浜、楽天、広島、オリックス、阪神)、斎藤佑樹に4球団(日本ハム、ヤクルト、ロッテ、ソフトバンク)と大学生投手に指名が集中した。さらに2回目の入札でも塩見貴洋に2球団(楽天、ヤクルト)が重複し、3回目でヤクルトがオリックスとの一騎打ちに勝利して山田の交渉権を手にした。結果的に“外れ外れ1位”でプロ入りした山田だったが、高卒1年目のクライマックスシリーズ(CS)でスタメン出場を果たすと、2年目にはプロ初本塁打を記録。4年目の14年からは不動のレギュラーに君臨し、傑出したパワー&スピードで球史を塗り替える活躍を見せている。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい