不遇の時代を乗り越えて… スマイルジャパンは「第二のなでしこ」になれるか?

2018/02/09 16:00

 アイスホッケー女子日本代表が初めて出場した五輪は、1998年長野大会。開催国枠での出場だった。その後、自力での出場は三大会連続でわずかの差に泣く結果で叶わず、2014年ソチ五輪でようやく二度目の出場を果たす。そして三度目の出場となる平昌五輪に、日本はメダル獲得を目標に掲げて臨む。

あわせて読みたい

  • 【アスリート美女図鑑】カワイイだけじゃない!世界一のセーブで藤本那菜がスマイルジャパンを平昌へ導く

    【アスリート美女図鑑】カワイイだけじゃない!世界一のセーブで藤本那菜がスマイルジャパンを平昌へ導く

    dot.

    2/9

    アイスホッケー“スマイルジャパン” 平昌五輪「メダルも夢じゃない」

    アイスホッケー“スマイルジャパン” 平昌五輪「メダルも夢じゃない」

    AERA

    2/6

  • ソチ五輪出場選手はみな美人? 昔と違うその理由とは

    ソチ五輪出場選手はみな美人? 昔と違うその理由とは

    週刊朝日

    2/7

    スマイルジャパン出陣 エースの久保「スウェーデンに対し、手応えある」

    スマイルジャパン出陣 エースの久保「スウェーデンに対し、手応えある」

    dot.

    2/9

  • アイスホッケー女子日本代表スマイルジャパン「仕事もやってホッケーもやる」

    アイスホッケー女子日本代表スマイルジャパン「仕事もやってホッケーもやる」

    AERA

    3/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す