毛細血管から病変までリアルすぎる再現 3Dプリンターが起こす医療革命

朝日新聞出版の本

2017/12/03 07:00

 医療分野のテクノロジーの進歩は目覚ましく、疾患の早期発見・治療、リハビリに大きく貢献することが期待されています。週刊朝日ムック「脳卒中と心臓病のいい病院」では、難度の高い手術の計画に有用な3Dプリンターを取材しました。

あわせて読みたい

  • 稲盛和夫×山中伸弥特別対談 3Dプリンターで臓器作る企業も

    稲盛和夫×山中伸弥特別対談 3Dプリンターで臓器作る企業も

    週刊朝日

    9/26

    大腸がん“ロボット手術” 経験ある医師なら約8割の患者が人工肛門回避

    大腸がん“ロボット手術” 経験ある医師なら約8割の患者が人工肛門回避

    週刊朝日

    4/29

  • 【手術の疑問Q&A】 手術中に執刀医が交代することはある?に医師の答えは

    【手術の疑問Q&A】 手術中に執刀医が交代することはある?に医師の答えは

    dot.

    3/30

    ケガしても3Dプリンターで体のパーツを補える時代に?

    ケガしても3Dプリンターで体のパーツを補える時代に?

    週刊朝日

    8/24

  • 3Dプリンター活用で進歩! ひざ痛手術の今

    3Dプリンター活用で進歩! ひざ痛手術の今

    週刊朝日

    3/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す