「難治がん」の記者 抗がん剤による脱毛の悩みはどれほどか。かつらを被って近所を歩いて考えた

書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者

がん

2017/11/18 16:00

 働き盛りの45歳男性。がんの疑いを指摘された朝日新聞記者の野上祐さんは、手術後、厳しい結果を医師から告げられる。抗がん剤治療を受けながら闘病中。

あわせて読みたい

  • がん患者の外見支援で“格安”医療用ウィッグに脚光

    がん患者の外見支援で“格安”医療用ウィッグに脚光

    AERA

    12/5

    最初は閑古鳥も…がん患者の“見た目”をケアする女性が奮闘

    最初は閑古鳥も…がん患者の“見た目”をケアする女性が奮闘

    AERA

    12/14

  • かつらがずらり…がん患者の「外見ケア」最新事情

    かつらがずらり…がん患者の「外見ケア」最新事情

    週刊朝日

    8/18

    がん治療に光明 「ウイルス療法」で免疫の力を味方に

    がん治療に光明 「ウイルス療法」で免疫の力を味方に

    週刊朝日

    8/25

  • がん患者が「通いたい」と思わせる抗がん剤治療のさまざまな工夫 

    がん患者が「通いたい」と思わせる抗がん剤治療のさまざまな工夫 

    週刊朝日

    3/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す