【日本シリーズ観戦記】ソフトバンク、「ギータの法則」発動せず…第5戦決着で“横浜胴上げ”だ! (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【日本シリーズ観戦記】ソフトバンク、「ギータの法則」発動せず…第5戦決着で“横浜胴上げ”だ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
喜瀬雅則dot.
6回表ソフトバンク1死、左飛に倒れた柳田を見つめる工藤監督(左) (c)朝日新聞社

6回表ソフトバンク1死、左飛に倒れた柳田を見つめる工藤監督(左) (c)朝日新聞社

 一方、DeNAの1番打者は桑原将志。こちらは柳田とは対照的に、シリーズ3試合でヒットなし。開幕前、アレックス・ラミレス監督が、シリーズのキーマンとして挙げていたのは、この桑原だった。今季初の全試合出場を果たした24歳の若武者は柳田とは逆に、3試合でホームベースすら踏んでいない。いまや“逆シリーズ男”になろうとしていた。

 しかし、柳田は止まった。これまでとは違うんだ。だから今度は、お前の番だ。そんなDeNAファンの“願い”が通じたのかもしれない。ソフトバンクの先発・和田毅の初球は138キロのストレート。果敢に打って出ると、放った打球はライトの前で弾んだ。今シリーズで、桑原が初めてスコアボードに灯した「H」のランプに、横浜スタジアムは柳田を止めた時以上に、大歓声が湧き起こった。

 先発の和田は130キロ台中盤のストレートながら、コーナーに変化球をびしびしと投げ分ける“巧技”が身上。14年前の2003年、阪神との日本シリーズ第7戦で完投勝利を収め、胴上げ投手にもなっている。その経験豊富なベテランは「いつもより飛ばした」。シーズン最後の戦いになるかもしれない。勝てるとなれば、総力戦で取りに行く。ならば、行けるところまで行き、リードする展開に持ち込み、後半は盤石のリリーフ陣に任せればいい。その計算があるからこそ、ビシビシと渾身の直球を投げ込んだ。

 1回、4番・筒香嘉智に対して、144キロの外角ストレートで見逃し三振、4回にも146キロのストレートで空振り三振と、力で筒香をねじ伏せ、4回まで無失点。しかし相手のルーキー左腕・浜口が、和田以上の快投を繰り広げた。

 浜口のチェンジアップに、ソフトバンク打線はタイミングが合わず、ヒットが出ないのだ。我慢比べの投手戦。先に屈したのは和田の方だった。5回、宮崎敏郎が左翼席へ2号先制ソロ。シリーズ4試合目で、DeNAに初めて先取点を許してしまった。すると、追い詰められていたはずのDeNA打線が、解き放たれたかのようにつながり始める。宮崎の本塁打に続き、ヒット2本と送りバントで1死二、三塁とすると、9番の倉本寿彦が右犠飛で2点目。結局、和田は5回2失点で、浜口よりも先にマウンドを降りることになった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい