AERA dot.

「アホとは戦うな」しかし、“戦わない”だけではダメ! その理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
田村耕太郎dot.#仕事#朝日新聞出版の本#読書

田村耕太郎氏が勧めるハリネズミ作戦とは?(※イメージ写真)

田村耕太郎氏が勧めるハリネズミ作戦とは?(※イメージ写真)

「この本は『不戦の書』である」

 元政治家であり、現在はシンガポール・リークワンユー政治大学院で教鞭を執る田村耕太郎氏がそう表する自著『頭にきてもアホとは戦うな!』(朝日新聞出版)は、“アホ”と戦わないための本だ。

 田村氏は「人生で最も貴重な資産は『時間』」だという。さらには、その貴重な資産をアホのために使うこと以上にもったいないことはこの世に存在しない。アホは上手にスルー。それなりに力があって利用価値のあるアホは、こちらがコントロールできる戦術でこちらの仲間に引き入れて活用すべきだと主張する。

 アホから逃げることはできるが、アホを活用するにはどうすれば良いのか? 「一見矛盾するかのように聞こえるかもしれないが、『不戦のために』こそ、『ファイティングポーズ』を時には見せないといけない」。そう話す田村氏が勧めるのが、ハリネズミ作戦。その典型がスイスという国家だという。

*  *  *
 スイスが永世中立国であることは広く知られている。ではスイスは「日本の憲法第9条」のように平和を唱えているだけの国家なのであろうか? 答えは否だ。スイスは国民皆兵。国民が全員軍事教練を受ける義務があり、全戸にマシンガン含めて武器が配備され、ほぼ全戸に核シェルターが設置されている。「平和を貫くために武装している国家」なのだ。しかし、隣国を挑発したり、追い詰めたり、そんな姿勢は見せない。いざとなれば戦う姿勢をチラ見せしているのだ。

 我々もアホに対しては、スルーや活用を目指すべきだが、武装しているところをチラ見せしないといけない。挑発したり、追い詰めたりすることは、厳禁だが、「やるときはやるぜ」という姿勢もチラ見せすることはとても有効である。

 アホと戦わないことを目指すあまりに、過剰にいい人に見せたり、アホから逃げる姿勢が弱みに見えたりすることは避けないといけない。アホは本来暇でガッツがない人物なので、「いい人」や「弱い人」はいじめたくなったりいじりたくなったりする傾向があるのだ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

   仕事 , 朝日新聞出版の本 , 読書 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加