羽生結弦がいきなり登場! グランプリシリーズの見どころは? (3/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

羽生結弦がいきなり登場! グランプリシリーズの見どころは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
フィギュアスケート「グランプリシリーズ世界一決定戦2017」の会見後の記念撮影。前列の左から本田真凜、宇野昌磨、宮原知子、樋口新葉、司会の織田信成さん、後列の左から無良崇人、田中刑事、三原舞依、本郷理華(撮影/『フィギュアスケート2017-2018』編集部)

フィギュアスケート「グランプリシリーズ世界一決定戦2017」の会見後の記念撮影。前列の左から本田真凜、宇野昌磨、宮原知子、樋口新葉、司会の織田信成さん、後列の左から無良崇人、田中刑事、三原舞依、本郷理華(撮影/『フィギュアスケート2017-2018』編集部)

無良崇人「今年のテーマは『結』。ソチから平昌に向けての4年間をひた走るという気持ちでやってきて、それの締めのシーズンだと思っています。この年齢だから出せる雰囲気を存分に出していきたい」

宮原知子「(今季テーマは)『初志貫徹』。(ケガで大変な思いもしたが)自分の最初に決めた目標は絶対に最後まで貫き通すっていうことで、この言葉にしました。(五輪代表が決まる)全日本選手権で自分のいい演技をするのが目標です」

樋口新葉「『自国開催のファイナルに出るために一つひとつの試合でミスをしないようにする。あとは思い切り楽しく!!』。グランプリシリーズでは2戦とも表彰台に上がって、ファイナルでメダルを取ることが今の目標です。今シーズンの目標は、やはりオリンピックに出ることです」

三原舞依「『感謝』です。昨シーズンはシニアデビューの年で、スケートができる喜びとか、試合に出られる楽しさとかを感じることができました。たくさんの人に支えていただいたので、今シーズンは感謝の気持ちでショートもフリーも演じていけたらいいなと思っています」

本郷理華「『名古屋でグランプリファイナルが開催されるのでそれに出られるように頑張る!』。目標は高く持って一つひとつの試合でいい演技ができるように頑張りたいです」

本田真凜「『不撓不屈(ふとうふくつ)』。私にとってはオリンピックシーズンというより今年はシニアデビューの方が大きくて、わくわくしているので勢いをいいように出したい。(シニアで2試合戦ってみて)足りないところがたくさんあるなと思いました。久しぶりに悔しい気持ちがあるので、大切にしたい」

(取材/『フィギュアスケート2017-2018』編集部)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい