高齢者ホームで「ゲス不倫」!? 「人生の最後くらい…」と一線越える大胆恋愛の実態 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

高齢者ホームで「ゲス不倫」!? 「人生の最後くらい…」と一線越える大胆恋愛の実態

このエントリーをはてなブックマークに追加
(イラスト/松元まり子)

(イラスト/松元まり子)

 また、二股、三股もお構いなしの「肉食系」もいれば、「ゲス不倫」もあったりする。世間のそれとはちょっと違って、ここでは「要介護の配偶者がいるのに、羽目を外して不倫すること」などが、ゲスたるゆえんになるのだが。

 たとえシングル同士でも、ホームの恋愛は茨だらけ。相続でもめたくない子供たちの反対を受けることも多く、正式な結婚までこぎ着けるケースはまれだという。

(文/福光 恵)

※週刊朝日ムック「高齢者ホーム 2018 プロに教わるやすらぎの選びかた」から


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい