女性医師が出産・子育てで離職 医師不足対策のカギは女医「革命家」

連載「メディカルインサイト」

メディカルインサイト

出産と子育て

2017/10/06 07:00

 東京を中心に首都圏には多くの医学部があるにもかかわらず、医師不足が続いている。現役の医師であり、東京大学医科学研究所を経て医療ガバナンス研究所を主宰する上昌広氏は、著書『病院は東京から破綻する』で「女性医師の増加と支援体制が問われる」と明かしている。

あわせて読みたい

  • 「あなたは子どもをつくりますか?」 不適切入試が相次ぐ医学部の面接でトンデモ質問が飛び交う理由

    「あなたは子どもをつくりますか?」 不適切入試が相次ぐ医学部の面接でトンデモ質問が飛び交う理由

    dot.

    12/8

    「神の手」を持つ現役女性医師が答える! 女性の育児負担は改善しない

    「神の手」を持つ現役女性医師が答える! 女性の育児負担は改善しない

    週刊朝日

    9/26

  • 厚労省発表の「医師不足解消」 現役医師が指摘する重大な見落とし

    厚労省発表の「医師不足解消」 現役医師が指摘する重大な見落とし

    dot.

    6/4

    女医たちにとって医師の世界は「10年遅れの男性社会」

    女医たちにとって医師の世界は「10年遅れの男性社会」

    AERA

    9/27

  • 看護師不足が医師不足よりも深刻な理由
    筆者の顔写真

    上昌広

    看護師不足が医師不足よりも深刻な理由

    dot.

    8/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す